ノート術

『コクヨのシンプルノート術』コクヨ株式会社

No.1672 2022年2月5日読了 再読本です。最初に読んだのは、2017年1月18日なので、5年振りに再読しました。ノート術やメモ術の本のうち、再読したいと思う本を保管していました。そのうちの1冊です。 コクヨの社員さんの100通りのノート術を紹介した本で、左側がノートの写真で右側に解説みたいな形式になっています。ノート術のポイントを読書ノートに書き出して行き、真似してみたいと思うものはマーカーで目立たせたり、ノートの右側にコメントを入れたりしてみました。 ノートはコクヨ製品に限らず、モレスキンとかニーモシネとか、多分ロルバーンとかを使っている方も。会議の時のメモなどの記録用にはA5の横[…]
麦二郎
6ヶ月前

無印のノートとツバメノートSECTION

先週の土曜日のこと駅ビルの無印良品へ行き、ノートを3冊買って来ました。先日読んだEmiさんの『マイノートのつくりかた』で紹介されていたノートの一つ。この本の出版当時とは商品が変わっているようだけど、多分後継の商品だと思います。A5サイズの6mm横罫、30枚の薄めのノートです。表紙の素材が他のノートより厚く、しっかりしているところが特徴かも知れません。『マイノートのつくりかた』で紹介されていたノートは、他に6種類でした。キャンパスノート(コクヨ)に大学ノート(ツバメノート)、大人キャンパスノート(コクヨ)、by LOFT、シェブフェルノート(ライフ)、FAKE レッド(エトランジェ・ディ・コスタ[…]
麦二郎
6ヶ月前

『はかどる神iPad』平岡雄太

No.1668 2022年1月24日読了 会社帰りに立ち寄った駅の本屋さんで、この本を見つけました。あまりこの類の本、つまり電子機器の使い方的なものは、読まない方だと思います。雑誌はパラパラと捲ってみることはあります。それでいて、iPhoneやiPadのアプリには大いに興味はあるのです。なぜか迷わずこの本は買ってしまいました。そしてすぐに読みました。 非常に分かりやすい本だと思います。紹介されているアプリと使いかたは秀逸でした。例えばノートアプリは、良くできていて使ってみたいと思いましたが、その機能をフルに発揮させようとすると、Apple Pencilが必要です。手帳アプリも良さそうでした。悩[…]
麦二郎
6ヶ月前

『自分を変えるノート術』安田修

No.1667 2022年1月23日読了 忙しくて「考える時間がない」という発想をすることが、よくある気がします。この本では、こういう状態のことを「切れない斧で木を切ろうとしている」ことに例えています。木を切るためには、斧を研がなくてはいけないのです。つまり、「考える」ことが必要なのです。そして「考える」ために使うツールがノートなのです。 ノートの効果はざっくりまとめて一つ言うと、見える化をしてごちゃごちゃになった脳の中を整えることができるということです。やりたいことを全部書き出すからこそ、それらに優先順位を付けることができます。「時間がない」からと、ごく一部しか書き出すことをしなければ、本来[…]
麦二郎
6ヶ月前

『マイノートのつくりかた』Emi

No.1666 2022年1月22日読了 先日『もっともっとマイノート』を読んで、基本的なマイノートのつくりかたについて知りたくなり、この本をkindleで買いました。電子書籍のレビューは久々のことです。 とにかく、自分の意識に引っかかったことについて、すぐにメモするのが、「マイノート」かなと思います。雑誌を読んでいて、気になったことは「マイノート」に切り抜きを貼り付けたり、メモを記入したりします。読んでいると、猛然と真似したくなります。でも、どこかしっくりしない部分もあったりします。何よりも、「これで行こう」的な結論が出ていないので、ちょっと時間をかけて確かめてみたくなります。 僕の中では、[…]
麦二郎
6ヶ月前

『続けるほど、毎日が面白くなる。もっともっとマイノート』OURHOME Emi

No.1662 2022年1月4日読了 著者が17年間で70冊書き続けてきたという「マイノート」の作り方や続け方、その効果などを紹介した本です。「マイノート」とは、すべてのジャンルを一冊にまとめ、心が動いたことだけ書いたり、貼り付けたりするノートのことです。 これだけ長い期間、沢山のアイデアや心が動いたことを書き続けていれば、きっと素晴らしい発見があるに違いないと思いました。自分流を続けることの素晴らしさは、この本の表紙の積み重なった沢山のノートの写真に引き寄せられる方は僕だけではない筈だと思います。 書くことは、素晴らしいことだと思います。手帳にちょっと思いを書くだけで、思いは広がって行きま[…]
麦二郎
7ヶ月前

『すべてはノートからはじまる』倉下忠憲

No.1654 2021年12月1日読了 「ノート」とか「手帳」というキーワードに反応して、ついつい買ってしまうところがあります。この本もふと立ち寄った東京駅エキナカの本屋さんで見かけて、ついつい買ってしまったものです。その時の思いは、この本を読めば素晴らしいノート術を身に付けることができるか、素敵なノートを書き続けることができるようになるのではないかというものでした。 この本の副題は、「あなたの人生をひらく記録術」です。この本の言う「ノート」とは手帳やメモも含んでいますし、書き込みをした本自体も含めています。広い意味の「ノート」であり、「記録」なのです。 章立ては7章で、第1章は「人とノート[…]
麦二郎
8ヶ月前

『仕事は1冊のノートで10倍差がつく』鈴木進介

No.1646 2021年10月19日読了 「ノート」や「手帳」というキーワードで反応しやすい人なので、迷わず買ってしまいました。そして、この本を読んでみて方眼のノートでそこそこの大きさのノートで、切り離せるものと言うことで、ロルバーンのノートをさっそく買ったのです。そして、この本が推奨しているフリクションボールも買ったのでした。 この本は、思考を整理するためのノート術に関する本です。ノートを書くことの効用やどんなノートや筆記具を使ったら良いのか、そして具体的なノート術に関して書かれている本です。 この本のノート術は、ケースによって各項目を仕切るため補助線を入れて、そこにその内容を書き込んで行[…]
麦二郎
9ヶ月前

『トラベラーズノート オフィシャルガイド』トラベラーズカンパニー

No.1641 2021年9月29日読了 牛革のカバーは、植物性タンニンでなめした革を使ったナチュラルな質感で、1枚の革です。サイズはA5スリムの縦長タイプのものと、日本のパスポートと同じサイズのものが二つです。リフィルは横罫、無地、方眼などいろいろあり、質感も画用紙みたいなものから薄いものまであります。薄いノートのようなリフィルです。組み合わせて使うこともできます。 そんなトラベラーズノートは、2006年発売で15周年なのです。初の公式ガイドブックが出版されたのも、15周年だからでしょうか。巻末には特別付録としてシールがあります。 この本は、公式ガイドブックの形式として定番な形になっています[…]
麦二郎
10ヶ月前

『1行書くだけ日記』伊藤羊一

No.1597 2021年4月11日読了 私が読みたくなる本のキーワードは、「日記」「手帳」「ノート」です。本屋さんを覗いてキーワードの付いている本を見つけると、興味を持ち手に取ってみます。だいだいの場合は、もう良いかなと思ったり、積ん読本が沢山貯まっているからと我慢したりします。でも、そんなに時間が経たないうちに、必ず買ってしまうのです。 この本は、昔読んだ「4行日記」だったか、そういう本に似ています。「やったこと」を1行だけ書く日記なのですが、振り返り時には書くかどうかは別として、次の3つのことを考えます。「それは自分にとってどんな意味がある?」と「そうか!」(気付き)、「やってみよう」の[…]
麦二郎
去年
『毎日を自分らしく生きるための小さいノート活用術』高橋拓也

『小さいノート活用術』高橋拓也

No.1593 2021年3月28日読了 去年の2月に『時間をもっと大切にするための小さいノート活用術』を読んだのですが、その続編のような本が出ていたので、Amazonでポチってしまいました。タイトルは、『毎日を自分らしく生きるための小さいノート活用術 みんなの使用例74』です。記事のタイトルが長くなるので、『小さいノート活用術』にしてしまいましたが。 いろんな方それぞれの素敵な、個性的な小さいノートの使用例が掲載されています。全面カラーのとても綺麗な本なのは、前作も同じでした。小さいノートと言うのは、A5サイズ以下のノートのことですから、大小には少々幅があります。使用例からすると、A6サイズ[…]
麦二郎
去年
『小さいノート活用術』

ノート術の本

しばらく前に本屋さんで見かけて、気になっていた本ですが、先日Amazonでポチってしまいました。「やっぱり」「とうとう」「買うべくして」と言う感じです。「手帳」や「ノート」、「メモ」などのキーワードに惹かれ、ついつい買ってしまうのです。使いこなせないけれど、好きなんだと思います。いつか使いこなせるようになりたいと思っているから、買うのだと思います。本だけでなく、手帳やノート本体もかなり頻繁に買いますので、使い切れなかった手帳やまだ使っていないノートが沢山あります。 全面カラーのとても綺麗な本です。「小さなノート」とは、A5サイズ以下のノートのことです。だいたいはもっと小さなノートです。「これは[…]
麦二郎
去年