彩うどん膳 夏花@kaca〜夏花〜(茅ヶ崎)

麦二郎
麦二郎

定期的に行きたくなるお店、「kaca〜夏花〜」さんへ行ってきました。
有給休暇をいただいた11月25日のお昼でした。

茅ヶ崎駅から徒歩3分程度のところにあるお店です。
茅ヶ崎駅から海へと続く道、高砂通りとサザン通りの間にある通りを南下します。
最初の曲がり角で右に折れて、サザン通りに出る手前左側にお店があります。

日本酒を飲みたくなるうどん屋さん

このお店は、「うどん屋さん」なんだと思います。
僕たちが訪れるのは決まってお昼で、お昼限定の「彩うどん膳 夏花」を注文します。

そのセットメニューは、最初にこの「前菜四種盛り」が出てきます。
呑兵衛夫婦にとっては、どう見ても、お酒のおつまみにしか見えます。
この日はきんぴらサラダとお刺身、揚げ出し豆腐、、里芋の揚げたものでした。
里芋は煮て味をつけたものを油で揚げたもので、とても美味しかったです。

「彩うどん膳 夏花」は、他に「鴨の炙り焼き」と「海老と野菜の天ぷら」、「かけうどん・ざるうどん」、「食後のコーヒー」が付いて2,750円です。
コロナ前は2,200円でしたので、かなり値上がりしています。
でも、内容的にはコロナ前の価格は破格のコスパだったので、今のお値段でもとても満足できる内容なのです。

さて、日本酒を飲みたくなるのは、前菜の紹介だけで十分な筈ですが、前菜に続いて出てきたのは、これです。

「鴨の炙り焼き」の登場です。
わさびだけを添えて、いただきます。
この上品な鴨も脂がたまらなく、日本酒に合っているとしか思えません。

女将さんに「辛口のお勧め」をお訊きして、決めました。
大信州の「霧 ハレル 生」面白いことに、「若手責任仕込み」と銘打たれています。
とても美味しい辛口のお酒でしたが、キリッとした辛口ではなく、優しい辛口のように思えました。
「kaca〜夏花〜」さんは、日本酒も売りのお店なんです。

時々、インスタでも紹介されています。
@kaca.chigasakiudon がインスタの公式アカウントです。

料理はセンスだと思う

呑兵衛夫婦は、素人なんですが、常々料理は料理人のセンスによって決まると思っています。
美味しそうなメニューでも、食べてみると「あれっ」と思うことがあります。
「家で作るのと変わらない」みたいな残念さを感じたりすることが、たまにあります。

このお店のお料理を食べていると、どのお料理もとても美味しくて、大将のセンスを感じます。
偉そうなこと言って、ごめんなさい。
でも、呑兵衛夫婦の正直な感想なのです。
同じ「天ぷら」を食べても、料理人によって、どこか違うのです。

海老が2尾に、茄子とカボチャの天ぷらです。
とても美味しいと思える天ぷらで、日本酒をお替わりしそうになりましたが、お昼なのでぐっと我慢しました。

締めのかけうどん

「彩うどん膳 夏花」は、締めのうどんまで付いてくるところが良いですね。

写真の天かすは、お好みで入れています。
酔っ払っているので、出てきたそのままの「かけうどん」を撮り忘れました。
このお店のうどんは、腰のあるやや細めのうどんです。
四国出身の呑兵衛夫婦ですが、讃岐うどんに慣れた人でも、このうどんは大満足です。
お出汁もあっさりしていて、とても美味しい。
癒されるうどんです。

追加料金で他のうどんにも変更できますが、いつもかけうどんかざるにします。
今日は温かいうどんの気持ちなので、かけうどんにしました。

だんだん酔っ払ったので、ちょっと(かなり?)ピンボケですが、最後はコーヒーです。
コーヒーは、ふつうに美味しいです。
コーヒーの香りで、お口の中がすっきり。
いやいや、こちらのお店のお料理は、元々すっきり、あっさりなんですが。

今日も美味しくいただいて、美味しく呑ませていただきました。
今日もごちそうさまでした。

麦二郎
グルメ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。