『和尚さんの一分で心を整えることば』名取芳彦

麦二郎
麦二郎

No.1708 2022年9月10日読了

実に沢山の「和尚さんのことば」が載っている本です。
全部実践しようと思うと大変なことになります。全体を通して、なるほどこんな方向性で考えると良いのかと、全体傾向を把握した感じです。

読みながら、これだけはと思うものに付箋を付けてみました。
欲張らず、厳選して、付箋を付けました。
最終的には5つの言葉でした。
それはさきほど手帳に書き出しておきました。
書き出したとおりに、ここに書いて、感想としたいと思います。

  • 「丁寧に生きる」=「かけがえのなさ」と「いとおしさ」を感じる。
  • 万恩に生かさるる身の百恩を知る。せめて一恩を報ぜん。
  • 悩むのは考えるのと違う。
  • ストレスの根っこに何があるか、それを見つける。
  • 時間に縛られない。→60点で良い。動作を丁寧にやってみる。
麦二郎
Books

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。