『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ

麦二郎
麦二郎

No.1604 2021年6月20日読了

虐待を受けた子供の声を、仲間達には決して聞こえない52ヘルツの声になぞらえて書かれている物語です。
主人公は、虐待を受けて育った女性で、虐待から救われた以降も決して人生は好転していません。友だちには恵まれているものの、アドバイスが耳に入らず目の前の幸せにしがみつこうとして、返って傷付いてしまいます。
時折その回想が入ります。

主人公はある日少年と出会います。その少年も虐待を受けています。虐待のために声が出ません。
ただし、主人公には聞こえるようです。誰も聞こえない52ヘルツの声が聞こえるのです。
主人公はその少年を救おうとします。かつて自分が救われたように。

何日もかけてやっと読了しました。
次が読みたくなるのは、主人公の人生がどうなるかを知りたくなるからです。幸せになるのを祈るよりも、不幸にならないことを祈りながら、ページを捲るのです。
正直なところ、こういう物語は決して好みではありません。テーマとしても好きなものじゃないです。
でも、何日もかけて読み終えた割に、ストーリーははっきり覚えています。
それだけ良い小説なんだと思いますが、やっぱり好きになれない物語でした。

麦二郎
Books

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。