積読本撲滅0化作戦−中間報告−

麦二郎
麦二郎

新しい月になり、先月初めの「積読本撲滅0化作戦」の中間結果をチェックしてみたいと思います。
写真が、今の本棚です。
このうち『「死」とは何か』は、読みかけで約60ページまで進んでいて、残りは約310ページです。
右端の文庫本に黒いカバーをかけている本も読みかけで、残り110ページくらいです。

「新しい本は買わないぞ」と決めていた筈なのに、3冊買ってしまいました。
うち2冊は既に読んで、写真に写っている新しく買った本は、中野信子さんの『世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた』です。
あとは予約注文していた伊坂幸太郎さんの新刊『ペッパーズ・ゴースト』が明後日頃には届く予定です。

当初の気持ちは、積読本は一刻も早く0にするというものでしたが、今はゆっくり減らして行こうという気持ちに変わっています。
以前からの積読本は、現時点で7冊です。
今月1か月で4冊くらい減らせたら良いかなと思っています。
また、来月初めに中間報告をします。最終報告は多分その次でしょう。

麦二郎
Books

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。