『「説明が上手い人」がやっていることを1冊にまとめてみた』ハック大学ぺそ

麦二郎
麦二郎

No.1705 2022年8月26日読了

僕は、「説明が下手くそ」というコンプレックス(仕方が無いと諦めていますが)を持っています。
なので、こういう本には惹かれてしまうのです。この本を読めば、もしかすると少しは説明が上手になるかも知れないという期待感があるのです。
そういう意味では、本は思考をプラス側へ誘ってくれる貴重な存在ですね。
本屋さんへ行くと、前向きな気持ちになれるので、本屋さんは大好きな場所でもあるのです。

さすが人気YouTuberが書いた本だけあって、説得力のある事例が沢山載っている本でした。
とても参考になります。
「なるほど、なるほど」と納得しながら、読んでました。
ちょっと芝居がかったところもありますが、「説明の基本的なこと」もきちんとおさえられています。

説明下手と言うのは、要するに自分の理解が不十分なのに説明しようとしたり、相手のことを考えないで、自分の言いたいことだけを話し続けたりする、これが基本的なことだと思いました。
自分で十分に理解を深め、相手の立場に立った説明を考えて実行すること、これだけでずいぶん変わるのではないかと思いました。
あとはちょっとしたテクニックもあるかも知れませんが、誰もがスティーブ・ジョブズには成れないというところを読んで、なるほどと思いました。

麦二郎
Books

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。