引退後の暮らしを思う日々

『月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト整理術』ミニマリストTakeru

麦二郎
麦二郎
2021年3月14日

No.1591

この方の本は、去年の8月に『月10万円で豊かに暮らすミニマリスト生活』という本を読みました。
この本で2冊目になります。本屋さんで見かけて、読んでみたいなと思ったのですが、積読本が沢山あるので、その時は買わないで帰りました。
家に帰ってから、やっぱり読みたいと思ったので、kindle本を買ってしまいました。

ミニマリストに関する本は、いかに持ち物を減らしたか、どうやって減らしたか、そんな基準で減らしたか、という内容のものが多いと思います。
この本は、それだけではなく買って良かった物の紹介があるところが、他のミニマリスト本とは違うのかなと思います。

第1章で「買って良かったものベスト10」が紹介されています。
ミニマリストなら必要ないのではないかと思う「観葉植物」が一番にあげられています。iPadやiPhone、AirPods Proなどもベスト10に入っています。
印象に残ったのは、「洗濯乾燥機」です。なぜランクインしているかと言うと、洗濯物を干すことから解放されるからです。なるほどと思いました。さっそく、奥さんに話してみました。反応は今一つかも知れません。

第2章以降は、家の中の部屋や場所毎のいろいろなルール、「モノが喜ぶ」という側面から見たルール、そしてお金のこと。
もちろん、お金は減らすのではなく、浪費を減らし貯蓄することが書かれています。
最後の第5章が、買って良かった物の残り35品目について書かれている章です。
ここに書かれているモノが欲しくなります。モノが増えそうな気がしますが、代わりに無くなるモノもあります。

『月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト整理術』ミニマリストTakeru

最近、自分の身の回りにあるモノを減らしたいと考えています。
机の抽斗にある大量の文房具や本棚の本、これらはメルカリに少しずつ出品しては、減らしています。
高額なモノはほとんど無いので、梱包して発送したりする手間が勿体ないと思うこともありますが、ただ捨ててしまうのも勿体なくて、頑張って出品しています。
少しずつ金額が増えていますので、今のところ今年の秋に発売されるだろうApple Watch 7を買う資金の足しにしたいと思っています。

クローゼットや整理ダンスにある衣類も気になります。
テレワークによって着なくなってしまったスーツやジャケットは、やがて毎日着る時が来るのでしょうか。
そう言えば、会社での服装は自由になってしまったので、実は要らなくなったのです。
全く要らなくなったわけではないでしょうが、少なくとも今の数は要らないのです。
他の衣類にしても、着なかったものが沢山ある気がします。
減らす余地がかなりありそうです。

減らすことで言うと、大量に届く読まないメールマガジンを減らそうと思っていますし、撮り貯めてきた写真も減らそうと思っています。
ブログもいろいろ作って、テーマ毎に分けようかと思っていたのですが、やっぱり数を増やすのは止めようと思っています。そしてとうとう、これまで書いてきたブログを削除してしまうつもりです。
とりあえず、このブログに一本化するつもりです。

減らし方は、人それぞれだと思います。
人によってモノに対する価値観は違います。つまり、人によって必要なモノは、違っています。
だから、この本の著者の真似をしても、私に合わない部分も出てきます。
自分なりの減らし方をしようと思います。

麦二郎

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。