月: 2021年10月

『ペッパーズ・ゴースト』伊坂幸太郎

No.1645 2021年10月13日読了 この本が10月1日発売と知り、Amazonで予約して楽しみにしていました。分厚い本なので、通勤の往復で読むのを避けていて、読了が少し遅くなりましたが、今日読み終えました。期待どおりの伊坂さんらしい物語でした。グラス・ホッパー的なちょっと怖い部分と他の作品のちょっとユーモラスな味わいもあり、これまでの作品が複合されたような感じにも思われました。 前半は物語はゆっくりと進んで行きますが、徐々にテンポが上がって、最期はダッシュみたいな感じでした。これまでの伊坂さんの本は、だいたいそういう感じで前半は時間をかけて読み、終盤は一気読みのようになってきます。 こ[…]
麦二郎
先週

伊坂幸太郎さんの新刊届く

先月のいつ頃だったか、Amazonで予約注文していた伊坂幸太郎さんの新刊が、今日届きました。発売は10月1日だったと思います。これに関する教訓が一つ。発売されてからAmazonで注文した方が、早く届くだろうということです。実際発売以降は、翌日配送になっていましので、少なくとも2日くらいは早かったのではないかということです。 厚さは3cmを越える分厚い本です。ページ数は390ページくらい。集中して読んだら、多分2日くらいで読めそうです。そうなりそうな気がします。伊坂幸太郎さんの作品は、だいたい一気読みです。夫婦でファンなので、新刊が出ると迷わず買っています。 読みたい本を買って、すぐに読む。これ[…]
麦二郎
2週間前

『世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた』中野信子

No.1644 2021年10月3日読了 こういう本を読んでみたいと思う動機は、「頭のいい人」の仲間入りを夢見ているからだろう。妄想だけど、この本を読めば「頭のいい人」に近づけるんじゃないかなんて思いつつ、買ってしまうのです。 この本の内容をざっくり言うと、「パフォーマンスを上げるための脳科学的に正しい31の習慣」だと思います。「頭がそれほど良くない」自分が、この本を読んだだけで、たとえ実践したとしても、「頭のいい人」の仲間入りが出来るとは思えないのです。僕の頭のレベルでパフォーマンスを上げるためには、どうすれば良いのか、そういうことが書かれている本なのです。実践してみたいと思ったことを少し挙[…]
麦二郎
3週間前

焼肉御膳@焼肉おくう(藤沢)

緊急事態宣言が解除になったと言うことで、焼肉を食べに行って来ました。昨日、10月2日のことです。最近は夜に出掛けることが滅多に無くなったので、ランチなんですが、ランチでも飲みたい夫婦なのです。焼肉屋さんと言うと夜だけ営業しているお店が多く、選択肢は限られてきます。良く行っていた茅ヶ崎のコストパフォーマンスの良い焼肉屋さんは、コロナ禍の影響か最近値上げをしたので、選択肢から外しました。質が上がったのではなく、値段だけが上がったからです。 焼肉おくうさんは、もう10年以上前に橫浜市の本郷台に住んでいた頃、本店に時々食べに行っていたお店です。本郷台の本店は駅から結構離れているので、茅ヶ崎から最も近い[…]
麦二郎
3週間前

『知れば知るほど役立つ会計の本』出口秀樹

No.1643 2021年10月2日読了 経営企画の仕事をするようになり、全く会計の知識が無かったわけではないものの、ちょっとお復習いをして仕事に役立てようと思って買った本でした。買ったのは2018年6月頃のこと、何と3年も積読本として読まずにいたことに気付きました。 文庫本でちょっとした知識を得られる本ですから、広く浅くという本です。確かに会計の基本から決算書、ちょっとした経営分析までが解説されていて、お復習いにはちょうど良い本です。これ以上深く知るためには、もっと別の本を読む必要があります。「仕事に役立つ知識を身に付けたい」と熱い気持ちがあったのは、実は3年くらい前のことで、今は別な段階で[…]
麦二郎
3週間前

味玉にんにく醤油@ブリキの木こり(寒川)

8月に取れなかった夏休みを9月末に取りました。9月23日から9月27日の5日間でした。と言っても緊急事態宣言中なので、遠出は避けて家でのんびり過ごす毎日でした。出掛けても茅ヶ崎駅とか、寒川神社など。鎌倉へ行こうかなと思いましたが、人出が多そうなので避けました。 寒川神社へお参りに行ったのは、5連休最終日の平日、9月27日のことです。さすがに平日とあって、寒川神社も人出は少ないですが、お参りしている人も絶えないくらいはいました。 帰りに「ブリキの木こり」というラーメン屋さんに寄ってみました。人気店なので行列は覚悟していましたが、さすがに平日だからか、行列にはなっていませんでした。いつもならビール[…]
麦二郎
3週間前

積読本撲滅0化作戦−中間報告−

新しい月になり、先月初めの「積読本撲滅0化作戦」の中間結果をチェックしてみたいと思います。写真が、今の本棚です。このうち『「死」とは何か』は、読みかけで約60ページまで進んでいて、残りは約310ページです。右端の文庫本に黒いカバーをかけている本も読みかけで、残り110ページくらいです。 「新しい本は買わないぞ」と決めていた筈なのに、3冊買ってしまいました。うち2冊は既に読んで、写真に写っている新しく買った本は、中野信子さんの『世界の「頭のいい人」がやっていることを1冊にまとめてみた』です。あとは予約注文していた伊坂幸太郎さんの新刊『ペッパーズ・ゴースト』が明後日頃には届く予定です。 当初の気持[…]
麦二郎
3週間前

『月曜日の抹茶カフェ』青山美智子

No.1642 2021年10月1日読了 8月に文庫本を読んだ『木曜日にはココアを』の続編にあたる本のようです。確かに前作の登場人物が出てきます。前作同様「マーブル・カフェ」という喫茶店を舞台にした物語ですから、当然と言えば当然かも知れません。「マーブル・カフェ」の定休日に抹茶を出す「抹茶カフェ」なのですから。 前作も同様でしたが、とても短い20ページ弱の短編で構成されています。主人公は短編毎に変わりますが、前の短編に登場した人が次の短編で主人公になる、みたいな緩い繫がり方をしています。12か月それぞれの月という設定で1年間ぐるりと回って、元の話に戻るようなスタイルです。 ついていないと思って[…]
麦二郎
3週間前