松浦弥太郎

『しごとのきほん くらしのきほん 100』松浦弥太郎

No.1756 2023年3月16日読了 松浦弥太郎さんの本はいろいろ読んでいますが、この本と同じ形式、つまり松浦弥太郎さんの「基本」を書いた本は、『100の基本』という本を2014年の夏頃に読んでいます。その本の続編みたいな本ですが、松浦弥太郎さんが『暮らしの手帖』を作られていた頃、ノートに書きためていた「自分のきほんとして大切にすべきこと」をまとめたのが、この本のようです。 「きほん」って何だろうと読みながら考えていましたが、言い換えると「軸」ではないかと考えていました。自分の考え方や行動の「軸」となることが、この本で言う「きほん」なのだと思います。 僕の場合は、あまり「こだわり」の無い方[…]
麦二郎
11ヶ月前

『いちからはじめる』松浦弥太郎

No.1650 2021年11月2日読了 東京駅の駅ナカにある本屋さんで買った本です。松浦弥太郎さんの本は、以前割と読んでいたのですが、久々の松浦弥太郎本でした。 本の帯には、「自分が変わる生き方のコツ51」とあります。全部で序章から第4章の5つのパートに分かれ、トータルの項目数が51ありました。そういう意味で51のコツなんだと思います。 本の内容を大雑把に書くと、「なりたい自分になるため」には「いちからはじめる」しかないということです。「なりたい自分」というのは、今の自分じゃないことが前提です。今の自分が持っている経験や知識に依存しないという意味で「いちからはじめる」のだそうです。「ゼロから[…]
麦二郎
2年前