書評

『本を読む』中沢孝夫(草思社)

No.1866 2024年5月5日読了 本屋さんが大好きな場所なので、会社からの帰り道には、ほぼ毎日のように駅の本屋さんを覗いてみる。そんなある日、この本に出会った。このところ読書が停滞していて、なかなか本を読めなかったから、読書について書かれている本を読んで、読書欲を高めたいと思ったことが目に付いた理由だった。 本当に本を読むことを私は楽しんでいるのだろうか、そんな疑問を持ちつつ読んだ。何だかこれまでの読書が無意味なものに思えるほどの内容だった。本の読み方を変えたいと思った。 この本の著者は、大学の教授で日本経済新聞を中心に書評を書かれていた方だ。この本にもこれまで書かれた書評の抜粋が掲載さ[…]
麦二郎
3週間前