『たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術』コクヨ株式会社

No.1859 2024年3月16日読了

再読と思っていたら、再々読だった。
さすがにそろそろ見極めて、自分のノート術に取り入れるものは取り入れよう。
気になったノート術をメモしておいたので、そのメモをここに書き写しておこう。

図で考えをまとめるなら、方眼ノート。
議事録やデータをまとめるなら、横罫ノート。
クリエイティブなら、無地ノート。

インプット用なら、横罫ノート。
アウトプット用なら、方眼ノート。
メモは、小さいノート。
発想を求めるなら、大きいノート。

日付とタイトルをページ右上に書く。
提案書の構成を考えるなら、A4方眼で。
タスク管理やメモを、A7方眼で。
打ち合わせメモを即ToDoリストにする。
図解で記録する。
表紙が厚めのノートは、手持ちでも安定する。
疑問、重要事項を吹き出しで書く。
案件ごとに1ページ。
聞きたいことを事前にノートに書いておく。
ノートをタテ3分割。左は日程、中は詳細、右が新しくできたこと。
見開きで使うとA5もA4になる。考えをまとめるとき。
測量野帳にネタ、気になったこと一つ一つにナンバリングでモチベーションを高める。
自分のタスクは赤枠で囲う。
一人ブレストは、付箋を使って。
測量野帳をポケットに。
自問自答の吹き出しメモ。
真ん中で2分割、事前インプットとヒアリング内容、或いはまとめメモとToDo。
不要なページに斜線を入れる。
毎日新しいページを使う。
ページの右にToDoやチェック、左は記録。
考えや伝えたいことを図式化。
毎日一つ、新聞やネットから気になるものをネタ専用ノートに。
ノートのトップに自分のビジョンや目標を付箋に書いて貼り、一つできたら次の目標を貼る。

麦二郎

コメントを残す