『仕事と勉強にすぐに役立つ「ノート術」大全』安田修

麦二郎
麦二郎
2023年7月17日

No.1722 2022年11月22日読了

ノート術に関する本は沢山出版されていて、僕もノートや手帳好きなので、結構読んでいます。
この本は、著者が読んで実践してみた50冊のノート術に関する本のエッセンスが詰まった本です。200ページもない本なので、これに50冊の本のノウハウが書かれているわけですから、かなり広く浅く書かれている感じがしました。

章立ては7つです。行動ノートと企画ノート、メモノート、整理ノート、勉強ノート、目標達成ノートの6つに分類されて、最後に著者が辿り着いたノート術に関する章があります。
それぞれどの本に出てくる内容なのかも書かれています。
気になったものは実際にその本を読んでみると、理解を深めることができます。
最初にこの本を読んで、ノート術の全体像を理解した上で、試してみたいと思うものは出典になっている本を読むのが一番良さそうです。

この本を読んでみて、これまでに読んだノート術の本も含めて、集中的に読んでみようかなと思いました。
そして、自分なりにそれぞれの本に書かれていることをまとめてみると、著者のように自分として辿り着くノート術が明確になってくるのではないかと思ったのです。
来年の読書の目標にしようかなと思っています。

まさに、この本はノート術の入門本なのかも知れません。

麦二郎

コメントを残す

%d