ていねいに生きる

麦二郎
麦二郎

今朝、5時31分に撮った写真です。
愛犬ふたばと散歩に出掛けようとして、この光景が目に入りました。
昨日は中秋の名月、夜空にとても綺麗なお月様が見えていました。
そのお月様が、西に沈もうとしている瞬間に出くわしたのです。

この風景を期待して、時間を合わせていたわけではありません。
いつもより少し遅めに起きて、いつもより少し遅めに散歩に出掛けようとしたところでした。
北側の空は雲が優勢で、結構広範囲に雲に覆われていたのですが、西の富士山が見える辺りだけ晴れ間が見えていました。
これも偶然のことです。散歩に出掛けようとした時刻も偶然で、たまたまいつもより遅く起きたのも、偶然です。

この景色を見て、これなのかも知れないと思いました。
かけがえのない、いとおしい瞬間です。
ていねいに生きるとは、こういう風景を見て、かけがえのない、いとおしいものと感じることなのかも知れないと思いました。

麦二郎
Thinking

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。