文房具の整理 ボールペンのリフィル

最終更新日

Comments: 0

文房具の整理 ボールペンのリフィル

この前読んだ福島槙子さんの『文房具の整理術』の影響を受けて、ボールペンのリフィルを整理しました。その本にボールペンのリフィルの整理術が書かれていたわけではありませんが、ふと思い付いてやってみたのです。
ほとんどは一か所にまとめて保管しているのですが、机の抽斗のあちこちに散らばっているものもありました。
今のところ、これらを分類して左にある無印良品のペンケースをいくつか用意して、整理したいと思っています。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

同じボールペンのものを同じ場所に並べて、分類してみました。
一番下のリフィルは、一番気に入っているパイロットのアクロインキのものです。左上はジェットストリーム、右上の方に割と沢山あるのがフリクションボールのリフィルです。
こうして全てを広げて見ると、全体が良く分かります。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

一番愛用していたのが、パイロットのカスタムヘリテイジ4+1と言う機能ペンです。「愛用していた」と過去形になっているのは、コロナ禍で出社日数が減って以降は、持ち歩かなくなったからです。
リフィルの整理をしてみて、このボールペンを使わなくちゃと思いました。
さっそく机の抽斗の奥に眠っていたボールペンを取り出してきました。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

今、最も使っているボールペンは、Dr.GRIP 4+1です。
黒のリフィルが少なくなっていますが、それだけ使っているのだと思います。
大好きなペンで3本も持っていました。
整理した後で、奥さんが持っていたDr.GRIPのグリップが劣化していたので、1本譲りましたので、2本になりました。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

三菱鉛筆のジェットストリームも好みの書き味です。
一番書きやすいのは、右から二番目の回転繰り出し式の単色のボールペンです。
0.7mmなんですが、ボールペンはこの太さが一番良い気がします。ただ、細字好きなので、どうしても0.5mmを使ってしまいます。
少し前に発売された0.28mmのジェットストリーム エッジは、興味本位で買ってみたのですが、細すぎる感じがして、紙を選ぶのではないかと思います。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

消せるボールペン、フリクションボールも結構いろいろ買いました。
消せるのは非常に便利なのですが、書き味があまり好きじゃないので、少し遠ざかっている感じです。
消すことができることが必須の使い方の場合のみ、使っている感じです。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

ここからは少数派です。何が少数かと言うと持っているリフィルが少ないものです。
左側のSTYLE+FITは、以前は結構使っていましたが、最近はあまり使わなくなってしまいました。
書き味が好きなJuice upという単色のボールペンですが、こちらは単色であるが故に使う頻度が少なくなっています。最低3色が1本になっているボールペンが好きなのです。要するに3本持ち歩くのがいやなのです。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

最後は単色で高級なボールペンです。
リフィルは1本ずつありますが、かなり使わないと無くなりそうにありませんから、本当はリフィルを用意しておく必要も無いのかも知れません。
癖なんですが、本体を買う時に一緒にリフィルを買いたくなるのです。
ちなみに、右のペリカンのボールペンが、僕が持っている中で一番高級なボールペンです。あまり使っていませんが。

文房具の整理 ボールペンのリフィル

整理した結果は、このような表を作って、残しました。
手書きにしようかなと思ったのですが、今現在リフィルが何本あるかが一目で見えるようにしたかったので、デジタル化しました。
少なくなったら補充したいと言うこともあって、こんな形にしました。
結構満足感一杯だったりします。

Shin.S

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする