3年連用日記

最終更新日

Comments: 0

母が急逝したのは、3年前の2017年8月7日のことでした。
おそらく心筋梗塞だったのだろう、と言う医師の所見でした。父が同じ部屋で寝ていたのですが、朝動かなくなっていた母に気付いたようです。
そんな報せを受けたのは、新橋駅に着いてすぐのことでした。
一旦会社に行って事情を説明し、すぐに家に引き返しました。新橋駅からすぐに引き返さなかったのは、ちょうど台風が接近していたので、故郷の四国に向けて飛ぶ飛行機が欠航していて、急いでも帰ることができなかったからです。

この記事を書くのに、なぜこんなことを思い出したのかと言うと、母が亡くなる直前まで書いていた日記を思い出したからです。
母の遺品を整理していた時に出て来た日記帳は、多分3年ではなく5年くらいの連用日記帳でした。これと同じような、ビジネス用の日記帳だったのです。
空白が目立ちました。1行くらいで病院に行ったとか、それくらいしか書けてませんでした。亡くなる直前は空白が目立ちました。
それを見て、自然と涙が出ました。母は一生懸命生きていたんだなと思ったからです。
どんなに短い日記でも、それが分かりました。空白が多ければ、やはり日記を書く余裕が無かったんだと思いました。

その日記の影響で、こういうビジネス用の日記を書きたくなったのです。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

日付の右側と下の余白には、その日のお天気と今は最高気温と最低気温を書いています。
日記の本文の最初は、だいたいはお天気のことを書くことが多いです。
あとはその日の仕事とか、出来事だとか。
去年の今ごろも台風が接近していて、このあたりも強い雨が降っていました。
相模川が氾濫しそうになったのです。幸い被害は無かったのですが。

実は先週の水曜日は、テレワークではなく出社したのですが、帰りに丸の内の丸善に立ち寄りました。
何だか分からないけれど、手帳を見たかったのです。
来年使うほとんどの手帳は、既に買っているのですが。

何となく3年連用日記帳を買い替えてみようかと思い、丸善でいろいろ見ていました。
でも、やっぱり、これを使い切るまでは買わないことにしました。
この日記帳は4月始まりなんですが、1月始まりに替えようかなと思ったのですが、やっぱり4月始まりにしようと思い直しました。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

このブログの記事を書くために、日記帳のページを捲って、写真を撮っていたら、改めていろんなページが用意されていることに気付きました。
このページは実は知っていましたが、全然書いていない「一年のはじめ」に書く欄があります。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

そして、3年分の年間計画表のページがあります。
今更ですが、何かに使えそうな気がします。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

そして月の終わりには、メモが書けるページがあります。
月の初めには、その時の行事やカレンダー、誕生石や旬の花、青果、旬魚が書かれていて、その月の過去30年間の平均気温が掲載されています。
10月の東京の平均気温を見ると、今日は多分寒く感じる筈だと言うことが分かります。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

月の最初のページを捲ると、こんなふうにその月のことや月間計画を書くことができるページがあります。
いやいや結構良くできた日記帳なんだと思いました。
多分ビジネス用として作られているから、ここまで充実しているのだと思います。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

年度末には、「一年をふりかえって」というページが用意されています。
去年は何もふりかえっていないことに気付きました。
今年はふりかえってみることにしましょう。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

更に3年間の記録と言うページもあります。
家族の3年史にも使えるし、自分の3年間の目標と結果を書ける様式として作られているようです。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

巻末のメモ用のページが、横罫で37ページあります。
まだ何も書いていません。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

5ミリ方眼のページが4ページと、写真のような1ミリ方眼ページが6ページ用意されています。
体重変動のグラフが書けそうです。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

最後は備忘録だったり、家族のことが書けるようになっています。
日記のページだけを書いているので、このページも空白のままです。

丸の内の丸善で、3年連用日記帳をいろいろ見ました。
NOLTYの方が良いだろかと思ったり、高橋書店が出している他のものが良いだろうかと、中身を捲ってみたりしました。
この日記帳、まだ半分くらい残っているわけですから、これからもっと使いこなしたいと思います。
今空白になっているいろんなページにも、書き込みたいと思います。

高橋書店 THREE-YEAR DESK DIARY

この日記帳用の万年筆も決まっています。
PILOTのカクノです。普通の黒のインクを入れた、ペン先がFの万年筆です。
この万年筆が一番合っている気がします。

Shin.S

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする