Site Loader
Chigasaki-city, Kanagawa
タシギ

タシギは、良く見かける野鳥ですが、その割に写真を撮れないことも多い野鳥です。ちょっとした気配を察知して、すぐに隠れたり、飛んで行ってしまうからです。
今朝は駒寄川でタシギを見つけ、食事に夢中になっている隙に写真を撮りました。

シジュウカラ

小出川に出ると、シジュウカラを見つけました。遠くの草むらでしきりと動いているところを何とかカメラに収めました。動くので、鮮明に撮れず、撮れても向きが良くなかったりします。

カワセミ

カワセミは、飛んでいても目立つ野鳥です。色が鮮やかだからでしょう。あのブルーの色が何とも言えないくらい綺麗です。
カワセミもすぐに逃げられてしまうので、見かけてもなかなか写真を撮ることができません。この後2羽のカワセミを見かけたのですが、いずれも写真は撮れませんでした。

ツグミ

この冬は全然見かけないツグミでしたが、やっと何度か見かけるようになってきました。
暖冬が続くようですから、もしかすると渡ってくるツグミは少ないままかも知れません。

カワラヒワ

羽に黄色い部分があるのが、この野鳥の特徴なので、飛んでいても意外と見分けがつくようになってきました。飛び方も分かってきたのかも知れません。
群れになっていることが多い野鳥だと思います。少ない場合でも、3、4羽くらいは居る気がします。今朝は、10羽以上一緒に群れていたと思います。

ホオジロ

今日は結構な数のホオジロを見かけました。
地鳴きは「チチッ チチッ」という声なので、居ることはすぐに分かるのですが、なかなか写真を撮ることができません。

モズ

野鳥の写真を結構な数撮っていると、ちょっとした飛び方や形で野鳥を区別することができるようになってきます。
モズも飛んでいるところを見ると、だいたい判別できるようになりました。
こうして止まっていると、長い尾羽を上下に動かすのも、特徴のひとつです。

ノスリ

元旦に引き続き、ノスリが同じような場所に止まっているのを見つけました。
このノスリの縄張りがこの辺りなんでしょうか。ただ、連続して見かけることがあるけれど、やがて見つけられなくなった記憶があります。
渡り鳥ではなく、漂鳥と言うらしいです。一か所には留まらないということでしょうか。

今日も良いお天気で、のんびり1時間以上野鳥を探して歩きました。
歩数にすると、5,700歩くらいの今日の野鳥散歩でした。
そろそろどこかに遠征したいと思うようになりました。同じ場所だと、同じ野鳥にしか出会えそうにありませんから。

Post Author: Shin.S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA