Site Loader
Chigasaki-city, Kanagawa

この時期、朝明るくなる時刻が遅くなっていて、平日は写真を撮ることができない真っ暗な中を、愛犬ふぅちゃんと散歩しています。
それが理由で、この「今日の野鳥」の記事は土日祝日限定となっています。

カワラヒワ

カワラヒワは、わりと良く電線に止まって、可愛い声で鳴いています。見つけやすいのは、羽の脇にある黄色い斑点が目印になるからです。電線に止まっている野鳥は、この写真みたいに逆光になりやすいので、難しいです。
敢えてこの写真を載せたのは、黄色い斑点のコメントをしたかったからです。

カワラヒワ

光が当たる方へ回り込んだら、正面の写真が撮れました。
この角度だと、鳥の判別は難しいのですが、さきほどの鳥だとわかっているので、カワラヒワと認識できます。

ハクセキレイ

ハクセキレイは、いつも見かける野鳥です。
セグロセキレイと間違いそうな、本当に背中が真っ黒なハクセキレイと、写真のように薄い色のハクセキレイが居ます。
写真のハクセキレイはメス、真っ黒な背中のハクセキレイはオスなのです。
セグロセキレイは、頬の辺りも真っ黒なのです。

モズ

モズの雌雄も、案外見分け易いです。
オスには翼に写真のような白い点が見られます。目の周りの縞模様は、過眼線と呼ばれ、この過眼線の色が濃くて太いのもオスの特徴です。
メスは、翼の白斑が無く、過眼線はオスよりも色が薄く細いようです。全体にオレンジ色っぽいのがメスです。

カイツブリ

今日は小出川で滅多に見られない野鳥を発見しました。カイツブリです。
数年前に一度カメラに収めたのですが、帰ってパソコンで写真を確認して、カイツブリと判明しました。コガモと混ざっていたのですが、コガモの形とはちょっと違った雰囲気でした。
1羽だけ、ポツリと浮かんでいて、時折水に潜って魚を捕まえていました。
明らかにカモの仲間とは、身体の造り、バランスが違っています。

カイツブリ

ズームしてみると、こんあ感じです。目玉にも特徴がありそうです。
今日は本当にラッキーでした。遠くから見て、とても小さいので、見過ごしても不思議ではありませんでした。

チョウゲンボウ

今日のラッキーは、ひとつだけではありませんでした。
カラスが騒ぐので空を見上げると、トビのような猛禽類が複数羽飛んでました。そして目を凝らして見たのが、このホバリングです。トビよりも小さく、明らかに違った猛禽類のシルエットです。

チョウゲンボウ

しばらくすると、電信柱の上に止まりました。
これくらいの大きさで、羽のシルエットがあんな感じだと、チョウゲンボウしかいないのではと思いました。ネットで調べてみると、間違い無くチョウゲンボウだと思いました。
かなり前に見かけた野鳥ですが、こんなに早く再会できるとは思ってなかったので、幸せな気分になりました。
今日の散歩は、収穫が多かったようです。

Post Author: Shin.S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA