『漫画君たちはどう生きるか』吉野源三郎

投稿者: | 2018年1月20日

少し前から、本屋さんに立ち寄る度に、気になる本がありました。それが、この『漫画 君たちはどう生きるか』です。僕の住んでいる茅ヶ崎の駅ビルラスカの本屋さんには、この本が沢山平積みされていて、何だろうと気になっていました。なぜこの本が、今漫画化されるのだろうか、そういうところも気になりました。

とうとう買ってしまったのです。青春のちょっとした悩み事に関する示唆を得ることができる本、そう言い表したら、ぴったり来るのではないかと思います。

主人公は中学生です。多感な時期ですし、物事に対する好奇心も豊富な時期かも知れません。出だしの部分の漫画と、ラストがシンクロしています。なるほど、そういう布石が打ってあったのかと思うくらい、典型的でした。この原作は今から80年前に出版されたものです。その頃から、青年の悩みはきっと変わってはいないのだと思います。80年前のことが、現代にも通じることがある、だからこの本が今売れているのだと思います。

この本を読み終えて、漫画ではない原作を読みたくなりました。同じなのかも知れませんが、文章で読むとまた違って感じるかも知れません。
(7冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください