『クローバー・レイン』大崎梢

投稿者: | 2014年1月5日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大崎梢さんの小説は、初めて読みます。しばらく前に、本屋さんに平積みされていた本の中でとても気になったので、買っておいた本でした。でも、初めて読むので面白くなかったらどうしようかという不安もあり、後回しになっていました。新年になり、そういう本から読んでみよう、そう思って読んでみました。『クローバー・レイン』は、とても良い本でした。

面白い本が、売れる本が、良い本とは限りません。読む人の心を温めてくれる本、そんな良い小説を本にしようとした編集者の物語です。でも、本の編集自体がテーマではありません。本を読むことによって、何かを感じ、人生を思い、大切な人を思い出す、そんな温かい物語でした。

植物が蕾を膨らませ、花を咲かせるためには、温かい雨が必要です。叩きつけるような強い雨ではなく、しっとりと葉っぱを潤すような、優しい雨の方が良さそうです。そういう優しい物語でした。また良い本と出会えました。
(2冊目/2014年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください