PowerSupportエアージャケット→iPhone4 Bumpers

投稿者: | 2012年7月5日

エアージャケット装着時の裏面

これまで使っていたPewer Support エアージャケットから、Apple純正のiPhone4 Bumpersへ替えることにしました。何度か落っことして、エアージャケットの3隅にひびが入ったり、割れたりしたからです。

写真はエアージャケットを装着した時の裏面ですが、要するにiPhoneの背面が真っ黒なので、iMacの壁紙とiPhoneのサイトを映しているということです。やっぱり裏面のアップルマークが見えるケースじゃないと駄目です。

エアージャケットを装着した表面

エアージャケットもぴったりフィットして、とてもお気に入りだったのです。唯一気になったのは、裏面のケースと本体の間に油膜みたいな模様が見えることくらいです。それ以外はフィルムも含めて、とても良いケースでした。

iPhone4 Bumpers

こちらが今日Appleから届いた純正のバンパーです。+−のボタンがちゃんと付いていて、なかなか良い感じです。イヤホンジャックが深いところになってしまって、保護するためのシリコンを取り出しにくい感じです。差し込んでキャラクターが顔を出しているタイプのプロテクターが良さそうですが、とても付ける気にはなりません。

Bumpersを装着したiPhone4S

実際に装着してみましたが、がらっと雰囲気が変わりました。さすが純正品なので、フィット感は抜群で良くできていると思います。

iPhone4Sの裏面

裏面はこんなふうにアップルマークが見えていないといけないのです。バンパー形式の場合は、裏面が傷付くリスクはあります。

でも、きっとスティーブ・ジョブズだったら、ケースやバンパーを装着しないそのまんまが良いと言うに違いありません。少々傷が付いても、それもまた馴染んできた証拠に違いありません。究極はケースやバンパーなしだと思います。このバンパーが壊れたり消耗してしまったら、何も付けないで使うかも知れません。

でも、やっぱり純正のバンパーは付けてみた限り、正解だったと思います。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください