目的を持った行動を取り入れたい

投稿者: | 2012年2月14日

今年になってから、手書きの日記と手書きの読書日記を付け始めた。1か月間以上毎日良く続いていたのだけれど、今月に入って何日分かをまとめて書くようになってしまった。これではいけないと、過去の分をまとめて書いて、やっと追いつくことができた。

このブログもそうかも知れないけれど、ふたつの手書きの日記を何のために書いているのだろうか、ふとそう思うことがある。そもそもやり始めたことの、元々の目的を忘れてしまって、それをやることが目的になってしまったりすることがある。初めは確かに目的があったのだけど、その目的のことは忘れ去られ、やることそのものが目的になっていることが良くある。

今会社で取り組んでいることも、どうやらそんな気がしてきた。目的を忘れてしまったわけではないけれど、目的に照らし合わせると何だか変だなと思うことがある。そもそもの目的自体もはっきりしていたのかなと、怪しくなってくる。引っ込みがつかないから、とにかくやることが大事だと、いつの間にかやること自体が目的となる。何か変だなと意見提起しても、いやいや細かいことは抜きにして、とにかくやるんだみたいなことになる。こういう場合に最も大切なのは、引き返す勇気なんだろうけど、引き返すと失敗のように思われるから、引くに引けなくなるのだろう。そういうことが最近結構気になっている。

自分自身に限ってはそんなことが無いようにしたいと思うのだけど、例えば日記のように、結局やることが目的になりかけているものがある。時々立ち止まって、そもそもの目的は何だったのかを考えることも大事だと思う。日常的な行動全てに目的を求めるのも、やり過ぎの感はある。やりたいからやっていることだってあるのだから、やっていることから遡ることもあまり良くない。

どうしたいかという目的から、行動へとブレークダウンして、比較的大きな目的に向かって進めて行くのが良いと思う。そういうこともやって行きたいと言うことだ。つまり目標を決めて、そこに到達するための行動計画を立てることも大事だろうと思うのだ。そうすれば日々の行動のひとつが、目標に繋がった目的あるものとなるのだと思う。それは一部で良くて、日々の大半のことはやりたいと思うことをやっているので良いのだろう。

何だかややこしくて、こんがらがってきたけれど、要するに目標を設定してそこに向かって努力するという営みを、一部取り入れたいということなのである。昨日からそう思っていることを、文章という形にしてみた。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください