捨てる生き方

投稿者: | 2012年2月27日

『捨てる生き方』浅野裕子

今まで何冊もこういう本を読んだ。そう思いつつ、本屋さんで目に付いたので、買ってみました。ちょっと失敗だったかなと思ったのは、『捨てる生き方』は女性向けの本だったことでした。

この本は7章に分かれていて、いろいろな面からの「捨てる生き方」について書かれています。まずは、身の回りの整理整頓(断捨離)、やるべきことを取捨選択して自分の時間をつくる時間術、お金に関することとこのあたりまでは良かったのですが、メイクの話が出てきたりして、やっぱり女性向けだったかと気付きました。もちろん、女性向けだからと言って、男性に全く当てはまらないかと言うとそうではありません。ほとんどの部分は男女に関係ないと思います。

要するに選択と集中なんだと思います。自分にとって本当に大切なものを選択し、それに集中することが大事なのです。身の回りの物に関しては、自分が管理できる範囲でしか増やさないということが大事です。管理できないものはどこかに溜まって、ゴミになってしまいますし、「管理できていない」ということ自体がマイナス要因になります。時間術なども同じです。自分としての優先順位の高いことに時間を使うことが大事で、何でもかんでもやろうとすると、時間が足りなくなってしまうということです。お金なんかもっと限界があるわけですから、多くを求めてしまうと自分の身の丈を越えてしまって、不幸なことになるのです。増やさなければ良いのですが、人間というものは集めることが好きな生き物ですし、それが本能のようですから、集まって増えてしまうのです。だから、捨てることを意識しなければならなくなるのです。
( 25冊目/2012年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください