ほぼ日手帳とuni STYLE FIT

投稿者: | 2011年10月24日

ほぼ日手帳&スタイルフィット

ノートや手帳と筆記具というのは、相性があると思う。裏写りしてしまうインクは論外だけど、紙の表面の仕様と筆記具の滑り具合など、相性は必ずあると思う。ほぼ日手帳で仕様されている薄い紙は、薄い割には裏写りしないとても優秀な紙である。「トモエリバー」という紙。1日1ページという分厚くなりがちな手帳だけど、この紙のせいで厚さや重さを最適なものにできている。

万年筆でもボールペンでも、シャープペンでも良い紙なんだけど、今のところいろんな理由で一番使いやすい気がするのが、uni STYLE FITだと思う。写真のホルダーだと5色のリフィルを入れることができて、ほぼ日手帳のような色分けしたくなる手帳には便利だ。ボールペン自体の書き心地も良い感じだし、今のところはこのボールペンを使い続けたい気がする。

唯一気になるところは、ホルダーの質感がちょっと安っぽいところかも知れない。ところが今朝Twitterで知ったのだけど、少し高級感のあるホルダーが出ているようだ。今日から発売予定の「スタイルフィット マイスター」というシリーズ第2弾の回転式3色用である。調べてみると、今年の5月から5色用のマイスターシリーズが出ているようだ。5色用のものは回転式ではなさそうで、果たして回転式の5色用が出るかどうか、気になるところである。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください