キャンセルされた街の案内

投稿者: | 2011年8月23日

『キャンセルされた街の案内』吉田修一

10編の短編小説集。吉田修一さんの本は、『キャンセルされた街の案内』で20冊目になる。来月は残りの『横道世之介』と『空の冒険』を読みたい。これで吉田修一さんの本は、全部読むことになる。吉田修一さんの短編は、とても短いものが多い気がする。その中に、メッセージや都会的なセンスがぎゅっと凝縮されていたりするのだけど、短い小説からそれを読み取ることは難しいように思う。タイトルのとおり、いろんな街が舞台となっている短編を集めている。

やはり、一番印象に残ったのは、タイトルにもなっている「キャンセルされた街の案内」。主人公が廃墟となった街を案内するガイドをしていた頃の回想と、いい加減な兄が転がり込んできた場面が入れ替わりながら、物語が進行して行く。主人公の心がビュンビュンと音を立てて鳴っているのは、風に吹かれた電線のようにたるみがあるからだというのがメッセージのように思える。誰もがそんなたるみを持ちながら、生きているのかなと思ったりもした。
(93冊目/2011年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください