夏空が広がる

投稿者: | 2011年7月10日

今日の朝の空(2011年7月10日)

いつもの朝のように、ふぅちゃんと散歩に出た。空には、雲ひとつ無い。真夏の空が広がっている。梅雨明けした途端にこんな空になった。

早朝4時45分頃に散歩を始めたけれど、歩いていると自然に汗がしたたり落ちる。もっと早くないと、爽やかな朝の空気は期待できないのかも知れない。ちょうど5時頃だったろうか、藤沢方面の低い山並みから、朝の太陽が顔を出した。大きな夏の太陽が、ゆっくりと昇ってくる。途端に気温もぐんと上がったような気になってくる。

犬と一緒に散歩している人、早朝のウォーキングを楽しんでいる人は、まだ少ない。その割りには、もう早朝と言えないような真夏の空気が漂い始める。まだ薄暗いうちに歩き始めないと、涼しくない季節になったんだろう。ふぅちゃんも少し歩くだけで、ハアハアと呼吸が荒くなる。暑いからか、それとも犬に吠えられたからか、ふぅちゃんも家へ早く戻ろうとしているかのように、足を速める。

それにしても、見事な空である。雲ひとつ無い。富士山が昨日の朝よりも、はっきりと見える。もちろん、空気にはまだたっぷりの湿気を帯びていて、秋や冬の富士山の眺めとは違うのだろう。

今日一日何をして過ごそうか、そんなことを考えていた。平塚では七夕祭だから、一度見に行きたい気持ちもある。反面人混みの中に出たくないし、第一こんな暑さの中で外出することさえ嫌になってくる。せっかくの休日だから、どこかへ出かけたいけれど、出かけると暑いだろうし、ふぅちゃんを残して行くのも気が引ける。

富士山や大山の眺め(2011年7月10日)

最上階だからこの部屋が暑いのか、それとも今年の夏が暑いのか、きっとその両方なんだろうけど、節電したいけれどやっぱりエアコン必須の夏になりそうである。雲ひとつ無い空が、とても恨めしい。

今朝の富士山(2011年7月10日)

全国的に晴天なんだろう。富士山を遮る物が無さそうだった。何だかんだで、ここ数日間は富士山が見えている日ばかりだったりする。

大山(2011年7月10日)

大山の稜線もくっきりと見える。そのうち登ってみようと思っているものの、しばらく気候が良くなるまでは、きっと登れないだろう。熱中症になってしまいそうだから。

夏の夕暮れ(2011年7月9日)

空には雲があった方が、絵になるみたいだ。昨日の夕暮れの景色も、素晴らしかった。もちろん、富士山も大山もはっきりと見えていた。今の夕陽は、大山の方に沈んで行くようだ。

夕暮れの富士山(2011年7月9日)

もう少し大きく写る望遠レンズが欲しくなる。夕暮れの富士山の影と雲がとても綺麗だった。夏の夕暮れという感じだった。もちろん、まだまだ昼間の暑さは残っていたけれど。

そうそう、今日何をして過ごすかである。とりあえず、暑さと相談しながら、のんびり気の向くままの休日を過ごすことにしよう。まずは、腹ごしらえをしてから、何をするかを考えよう。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください