停電

投稿者: | 2011年3月18日

今日は夜間が計画停電のグループ。早くも真っ暗になって、この時期の停電は辛い。被災地ほどではないものの、電気なしではとんでもなく寒い。でも、3月なのが救いで、だんだん暖かくなる時期だ。春のこない冬はないのである。冬に向かう秋でないのが、本当に救いなのだ。

明日からの3連休、電気はいったいどうなるのか、そんなことを考えると、不安が積み重なる。取り敢えず、明日のために早く寝るしかなさそうだ。こういう時に電気の大切さがわかる。足りないときになって、足りないものの大切さに気付く。当たり前の状態の有り難さに改めて気付くのだ。

これからのあり方を、今こそ考え直す良い機会なんだろう。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください