フィルムのデジタル化を始める

投稿者: | 2011年2月15日

美瑛(2002年9月)

僕がフィルム一眼レフを買ったのは、2002年頃のことだったと思う。今となっては、本当にそうだったかも覚えていないのだけど、残っているネガに残した日付は2002年7月だったりするから、きっとその頃に買ったに違いない。何の写真を撮るために買ったのか、それも今となっては思い出せない。ただ同じ年の9月に北海道を旅していることからすると、この旅のために買ったのではないかと想像するのである。

どうしてこんなことを考えているかと言うと、そろそろ引っ越しも近づいてきて身の回りにある物を整理しなくてはと思っているところなのだけど、沢山のフィルムの束が出て来て、それをデジタル化しておこうと思っていたことを思い出したからだ。さっそくスキャナーで読み込む作業に取り掛かっていて、もうあれから10年近く経ったのだなと振り返ることになったからだ。

美瑛(2002年9月)

正直なところ実は慌てている。フィルムをスキャナーでデジタル化するのに、かなりの時間を要するからである。結構な時間がかかる。沢山あるフィルムを全てデジタル化してしまうまでには、毎日少しずつ処理しても、1か月くらいかかるんじゃないかと思うくらいだ。後でゆっくりやろうかと思っていたが、今までできないまま時間が経ったわけだから、後でちゃんとできるかと言うと、決してそうではないと思うのだ。

結論から言うと、やはり今すぐ始めて一気に終わらせるのが良いということだ。そう思うと早くやってしまいたくなるから、毎朝早く起きた時の日課にしてしまうことにした。もちろん、朝だけでは時間が足りなくなりそうなので、会社から帰ってきてからも少しはやっておこうということにした。

美瑛(2002年9月)

連鎖反応と言うか、良いスパイラルと言うか、相乗効果と言うか、なぜか本を読むことも好調になった。スキャンしている間の時間を読書に当ててみたら、思った以上に読書に集中できた。通勤電車の中の読書も何故か集中してできるようになった。本のストックを減らさなきゃと思ったことにも起因していると思う。

そして思い出したのは、写真のホームページを作ること、写真のブログを立ち上げることだった。せっかく古い写真をデジタル化しているのだから、どこかにアップしてみたくなるのは、当然だろう。そんなわけで、思い付いたように始めたフィルムのデジタル化という作業をきっかけに、いろんなことが進み始めた。何かを始めると、いろいろなことをやってみたくなる。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください