新しい月の決心

投稿者: | 2009年9月1日

0901-1.jpg

 まだ若かった頃、東京駅八重洲口から歩いてすぐのところにある丸善に、時々本を見に行ったことがある。丸善と言うと、洋書みたいな感覚があって、洋書を手にしているだけで、何だか自分がとても博学になった気がしたものである。日曜日に、高島屋に出かけて、その向かいにあったこのビルを見て、そんな想い出に浸っていた。その頃は、高島屋にも入ったかどうか、あまりはっきりと覚えていないのだけど。
 そんな丸善だけど、今はむしろ丸の内側にあるオアゾの丸善がお気に入りである。と言っても、この5か月間で2回ほど行っただけであるが。よく見るブログ「手帳と文房具のレビューサイト」で見たフランクリン・プランナー・オーガナイザーのことが気になって、実際に手に取って、捲ってみた。なるほど、以前使っていたリフィル式のものよりも使い易そうで、いろいろなページがあって、充実感もある。実際に見るまでは、来年の手帳はほぼ日手帳に統一しようと決心していた筈なのだけど、決心が揺らいでしまった。
 「手帳と文房具のレビューサイト」でも書かれていたのだけれど、在庫処分なのか、フランクリン・プランナー・オーガナイザーが半額で販売されているようで、試してみるならこれかも知れないと迷っていたりする。昨夜も駅からの帰り道に、どうしようかなと、かなり迷いながら帰って来た。自慢じゃないけれど、フランクリン・プランナーは以前使いこなそうとしていたのだけど、結局できなかった。そんなこともあり、また使わずに処分してしまうのではないかと、心配しているのである。
 でも、ふと第三者の感覚で自分を観察したところ、何だかできない理由をあれこれと並べてしまっている自分に、突然気が付いたのである。実際は使ってみないと、物の良さは分からない。使う前から、使いこなせない自分を想像しているから、使いこなせるわけがない。いろいろと自分自身のことを振り返ってみると、とりあえずやってみようというチャレンジ精神に欠けているのかも知れない。文房具好きを自負するなら、やっぱり試してみるべきだと、昨日の夜遅くにやっと決心がついたわけである。
 長くなってしまったけれど、やっぱり物事はやってみないとわからない。チャレンジすること自体も大事だし、実際に体験してみてこそ、物の良さを実感することができるのである。と言うことで、チャレンジしてみることにした。ついでに使いこなし方の本も購入してみることにした。
 こんな感じで、台風一過、何だかとても涼しくなった朝の新しい月の始まりに、ちょっとした決心をしたわけである。今月は、新しいことにチャレンジする月にしよう。そして、本を沢山読もう。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください