風に舞いあがるビニールシート

投稿者: | 2009年7月29日

0729-1.jpg

 この本を読み始めた時、これはいったい同じ作家の作品なんだろうかと、思ったものである。それだけ、期待していた森絵都さんの小説とは違っていた。これまで読んだ3冊の本から抱いていた印象は、軽快感や爽快感、洗練された清々しさみたいなイメージを持っていたのだけど、この本の6つの短編は、どれも期待とは違った作品だった。だからと言って、そのことでがっかりしたかと言うと、そうではなくて、更に期待したくなる奥の深さを感じた。また、近いうちに別の本を読んでみたいと思った。で、この本の6つの短編だけど、解説に書かれていたことをお借りすると、それぞれの主人公のそれぞれが大切にしているものがテーマである。そう思って振り返ると、後から分かってくるものがある。
(83冊目/2009年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください