越谷オサム」タグアーカイブ

金曜のバカ

投稿者: | 2013年2月16日

『金曜のバカ』は、越谷オサムさんの単行本としては5作目に当たり、初の短編集だということです。僕がこれまで読んだのは『ボーナス・トラック』と『陽だまりの彼女』の2作品なので、この本が3作品目となります。出版の順に読んでいる… 続きを読む »

最後の恋

投稿者: | 2012年10月10日

女性作家編もあるのだけれど、『最後の恋 MEN’S: つまり、自分史上最高の恋。』は7人の男性作家による恋の短編集。 一番良かったと思ったのは、伊坂幸太郎さんの「僕の舟」で、伊坂さんらしい短編だと思った。期待を裏切らない… 続きを読む »

陽だまりの彼女

投稿者: | 2012年3月20日

一言で言うと、とても面白かった。読書がなかなかできないと思っていた休日に、読み終えることができた。月曜日は頑張って読んだつもりだけど、約60ページほどしか読めなかった。鎌倉へ出かけたこともあったと思う。今日は残りの300… 続きを読む »