豊島ミホ」タグアーカイブ

『日傘のお兄さん』豊島ミホ

投稿者: | 2013年9月9日

豊島ミホさんの本は、これで6冊目になる。僕にとって豊島ミホさんの本の共通点は、「ゆらゆらと不安定な状態の少女が、少し成長して行く姿を描いている」ものが多いところだと思います。そういう意味では、この本も収録されている4つの… 続きを読む »

『やさぐれるには、まだ早い!』を読んでいる

投稿者: | 2011年11月15日

日曜日から読んでいるのは、この本。本当は昨日のうちに読み終える予定だった。 とても身近な感じがするエッセイである。iPodの話題とか、身近な話題、親近感のある話題があったりするからかも知れない。豊島ミホさんのエッセイはこ… 続きを読む »

青空チェリー

投稿者: | 2011年9月3日

豊島ミホさんの本は、これで4冊目になる。本屋さんで文庫本になった『神田川デイズ』が平積みされているのを見て、何となく読みたいと思って読んだのが、今年の2月だった。その後4月に『檸檬のころ』を読み、8月に『東京・地震・たん… 続きを読む »

昨夜届いた本

投稿者: | 2011年8月6日

昨夜は奥さんからのリクエストがあり、帰りに茅ヶ崎駅近くのお好み焼き屋さんで、軽く飲んで帰った。amazonで注文していた本が届く予定だったけど、帰って来た時にはまだ届いていないようだった。朝注文したばかりだから、遅くなる… 続きを読む »

東京・地震・たんぽぽ

投稿者: | 2011年8月5日

この本を買ったのは、あの地震以前だったか、後だったか覚えていない。多分後だったと思うけれど、この本で描かれているような状況が、東北地方で起こった。東京でも、電車が全面的にストップし、帰宅難民が大量に出てしまった。『東京・… 続きを読む »

今読んでる本

投稿者: | 2011年8月4日

今日から読み始めた本は、豊島ミホさんの『東京・地震・たんぽぽ』という本。本というのは相性もあるらしく、豊島ミホさんの本は初めて読んだのが『神田川デイズ』で、この本を読んで相性が良いと感じた。人との相性も同じようなもので、… 続きを読む »

檸檬のころ

投稿者: | 2011年4月20日

引っ越し前から読み始めていた豊島ミホさんの『檸檬のころ』を、やっと読み終えた。この本が読みにくかったわけではなく、やはり引っ越し前後のバタバタと、引っ越し後の慣れない通勤の往復など、本を読むにはちょっと適していなかった時… 続きを読む »

神田川デイズ

投稿者: | 2011年2月23日

初めて読む豊島ミホさんの小説。今月の新刊のうちの1冊として、平積みされているのを何度か目にして、何だかとても気になったので、買ってみた本。初めて読む作家の本の場合、読みながら他の本も読みたいと思うかどうか、そう自問自答す… 続きを読む »