窪美澄」タグアーカイブ

『やめるときも、すこやかなるときも』窪美澄

投稿者: | 2018年2月22日

窪美澄さんの小説は、結構読んでいる。好みの作家の一人と言って良い。 『やめるときも、すこやかなるときも』は、これまで読んだ窪美澄作品の中でも、読むのに一番時間がかかった気がする。本の厚さはそれほどでもなくても、1ページ当… 続きを読む »

『恋愛仮免中』奥田英朗、窪美澄、荻原浩、原田マハ、中江有里

投稿者: | 2017年6月15日

『恋愛仮免中』は、迷わず買った。新作が出る度に買って読みたくなる、僕の好きな作家ばかりだから。唯一読んでないのは、中江有里さんの作品のみ。他の作家の作品は数多く読んでいる。中でも、奥田英朗さんと荻原浩さんが二人とも名を連… 続きを読む »

クラウドクラスターを愛する方法

投稿者: | 2012年12月20日

デビュー作の『ふがいない僕は空を見た』、2作目の『晴天の迷いクジラ』を読んできた窪美澄さんの最新刊。 『クラウドクラスターを愛する方法』には表題作の「クラウドクラスターを愛する方法」と「キャッチアンドリリース」の2編が収… 続きを読む »

晴天の迷いクジラ

投稿者: | 2012年5月31日

生きることに疲れた男性1名、女性2名がたまたま出会い、とある湾に迷い込んで座礁してしまったクジラを見に行く話。男女3名は年齢も全然違っていて、それまでの人生も当然違う。3人とも死にたいと思っているのだから、どこかに共通点… 続きを読む »