新書」タグアーカイブ

『死ぬほど読書』丹羽宇一郎

投稿者: | 2017年8月25日

このところ読書は、不調です。ここ数か月間のことで、その原因は掴めていません。ここ2週間のことなら、母の急逝という出来事が起因していると思われるのですが、そうではなくて多分半年間くらい読書量が減っている状況が続いていると思… 続きを読む »

『人間の分際』曽野綾子

投稿者: | 2016年2月12日

本の帯にある「「やればできる」というのは、とんでもない思い上がり。」これが結構面白いなと思った理由で、読んでみたくなった。もともとは妻が買った本だったのですが。 『人間の分際』は、読み始めてわかったのだけど、曽野綾子さん… 続きを読む »

『糖質制限の真実』山田悟

投稿者: | 2016年1月12日

サブタイトルが、「日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて」となっていて、どういう意味だろうかと思ったのだけど、読んでみたらその意味が分かった。国民が健康になるということは、それだけ医療費が少なくて済み、国家の財政にも影響… 続きを読む »

『岡本綾子のすぐにチェックしたい!ゴルフの急所』岡本綾子

投稿者: | 2014年3月31日

去年の秋頃から、10年振りかそれ以上だったゴルフを再開しました。近所の練習場で、コーチングを受けながら練習し、時々コースに出ていますが、なかなか上達しません。打つ球数だけは結構な数なので、亀の歩みみたいに少しずつ上達はし… 続きを読む »

『田舎力』金丸弘美

投稿者: | 2014年2月28日

『田舎力―ヒト・夢・カネが集まる5つの法則』を買ったのは、約1年前のことだと思う。僕の故郷高知に帰省していて、本屋さんで見かけて買ったものだ。地域おこしが成功した事例を集めた本で、故郷の高知県で言うと馬路村が事例としてあ… 続きを読む »

60歳で小説家になる。

投稿者: | 2013年4月13日

最近第2の人生について考えることがあり、ただ漠然と定年後に作家になるというのも良いのではないかと思っていました。そしたら、こんな本があって、自分が考えていたことと同じだというこで、さっそく買ってみました。もちろん、僕の場… 続きを読む »

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?

投稿者: | 2012年12月27日

働いても働いても、まるでラットレースのように一向に前に進めない、しんどい働き方を根本的に変えて行くにはどうしたら良いか、この本はそういう本です。 しんどい働き方になる理由は、給料がどうやって決まっているかという資本主義経… 続きを読む »

『水曜日に「疲れた」とつぶやかない50の方法』

投稿者: | 2012年7月20日

著者の西多昌規さんは、精神科医。肉体的にも、精神的にも、極力疲れないそれぞれの曜日の過ごし方について書かれた本です。 会社の近くにあゆみBooksという気になる本屋さんがあって、たまたまその近くで飲み会があった時に寄って… 続きを読む »

大往生したけりゃ医療とかかわるな

投稿者: | 2012年4月27日

老人ホームで医師をされている著者が投げかけた現在の医療の疑問と、老人ホームで数多く見てきた「自然死」のすすめ。 賛否両論はあるだろうけど、命が尽きようとしている老人に対して施される延命治療の意味について、疑問を投げかけて… 続きを読む »

ビジネスマンのための「人物力」養成講座

投稿者: | 2012年4月16日

ビジネスマンとしての「人物」になりたいと思っているわけではないけれど、いわゆる小人とか、つまらない人物でいたくないという思いはある。他人が見てどうかということも重要でないわけではないけれど、自分として納得できる人でいたい… 続きを読む »

下山の思想

投稿者: | 2012年2月19日

『下山の思想』では、今という時代を登山に例えると、登山ではなく下山だと言う。確かに発展期は、どんどん山に登って行くような勢いがある時だと思うし、そういう意味では今は発展期ではないと思う。その時の世の中の状況に応じた生き方… 続きを読む »

エバーノート「超」整理術

投稿者: | 2011年6月22日

しばらく前に、雑誌を処分するためにお気に入りの記事をスキャナーで読み込んで、エバーノートに登録していた。しばらくして全然やらなくなって、雑誌はたまる一方である。これではいけないと思って、エバーノート関連の本を読んでみるこ… 続きを読む »

仕事に効く「断捨離」

投稿者: | 2011年6月8日

「断捨離」に関する本は、これまで2冊読んでいる。片づけや整理術に関する本は、もっと読んでいる。そろそろ実行する段階になっているのだから、本はもう良いかなと思いつつ、本屋さんで見かけると、買って読みたくなる。読むことによっ… 続きを読む »

facebookもっと使いこなし術

投稿者: | 2011年6月5日

『facebookもっと使いこなし術 アプリ&新メッセージシステム編』この本は、読むと言うより実際に必要な場面で、アプリの設定などを確認するために使う本だと思う。設定手順などについて、画面が示されているにしても、… 続きを読む »

「折れない心」をつくるたった1つの習慣

投稿者: | 2011年5月22日

『「折れない心」をつくるたった1つの習慣』つまり強い心をつくる秘訣なのだけど、いろいろなエクササイズが10章に渡って書かれている。直接的に強い心にするエクササイズであったり、マイナスを引き寄せないための心得だったりするわ… 続きを読む »

老いの才覚

投稿者: | 2011年5月13日

新書のベストセラー本を読んだ。歳を取っていくこと、老年からの生活のことなど、「老い」をテーマとした本は多い。同じような本を集めてみると、きっと読み切れないくらい沢山あるんだと思う。人間として永遠のテーマなんだろうし、平均… 続きを読む »

残念な人の思考法

投稿者: | 2010年10月24日

この本『残念な人の思考法』を読む前に「残念な人」とはどんな人か、漠然とこういう人だと思っていた。それは、頭は良いのだけど、空回りして仕事の成果に繋がらない人である。読んでみて、だいたい合っていたのかなと思った。本の帯に書… 続きを読む »