川村元気」タグアーカイブ

『四月になれば彼女は』川村元気

投稿者: | 2017年6月30日

『世界から猫が消えたなら』に続いて、川村元気さんの小説を読みました。『四月になれば彼女は』です。どこかで聞いたことがあるタイトルのように思ったのですが、サイモン&ガーファンクルの曲名でした。本屋さんでこの本を見て買って読… 続きを読む »

『世界から猫が消えたなら』川村元気

投稿者: | 2016年5月9日

僕が本を読むのは、通勤電車の往復が中心だ。この『世界から猫が消えたなら』は、昨日ちょこっと読みかけて、今日は30ページ辺りから読み始めた。連休明け初日のせいか、電車が10分ほど遅延して、いつもより本を読む時間は10分長く… 続きを読む »