ガソリン生活

登場人物だけでなく、登場自動車まで把握するのに、大変でした。それだけいろんな人や車が出て来るのですが、なかなか楽しい小説でした。『ガソリン生活』はいつもの伊坂さんらしさもあり、自動車を擬人化しているところが変わっていたり […]

ポテチ

映画が公開されていた頃に、伊坂幸太郎さんの「ポテチ」が映画化されたことを知りました。観に行きたいと思っていたのですが、結局観に行けず、そのまま映画のことも忘れてしまっていたのです。 昨日何気にレンタルショップに行ってみた […]

PK

『PK』は、「PK」、「超人」と「密使」の3つの中編小説から成る。それぞれがバラバラの中編小説ではなく、相互に関連性があるのが、伊坂幸太郎さんの小説の特徴だと思う。伊坂幸太郎さんの長編だと、最初のうちに登場人物の相互の関 […]

3652 san roku go ni

この本をいつ頃買ったかはあまり覚えていないのだけど、出版されて多分すぐに買ったと思うから、もうかれこれ1年以上積読状態になっていたということだ。買ったものの読む気が失せていたわけではなく、美味しいものを最後まで取っておく […]