井上荒野」タグアーカイブ

『夢のなかの魚屋の地図』井上荒野

投稿者: | 2017年9月2日

『夢のなかの魚屋の地図』は、井上荒野さんの初エッセイ集です。 井上荒野さんは、28歳の時に作家としてデビューされていて、そこからの24年間にいろいろな媒体で発表されたエッセイが収録されているのが、この本です。エッセイにも… 続きを読む »

『夢のなかの魚屋の地図』井上荒野

投稿者: | 2015年5月14日

井上荒野さんの初エッセイ集『夢のなかの魚屋の地図』を、今日読み終えた。 エッセイ集と言えば、角田光代さんのエッセイ集が好きなのだけど、井上荒野さんのエッセイ集もまた読みたいと思えるものだった。僕の好みのエッセイだと思う。… 続きを読む »

切羽へ

投稿者: | 2012年8月2日

井上荒野さんの作品は、『キャベツ炒めに捧ぐ』を初めて読みました。とても良い小説だと思ったので、是非別の作品も読もうと、文庫本になっているこの本『切羽へ』を選びました。『切羽へ』は2008年に出版された作品で、『キャベツ炒… 続きを読む »