ビジネス本」タグアーカイブ

『人生を変える習慣のつくり方』グレッチェン・ルービン

投稿者: | 2017年5月23日

僕は今、悪しき習慣を断とうと、努力しているところだ。生活習慣という習慣を、断とうとしている。食生活と軽い運動がうまく行くように意識している。この本でも血糖値の指標HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)という数値の高い妹… 続きを読む »

『新人ガールITIL使って業務プロセス改善します!』沢渡あまね

投稿者: | 2017年5月1日

『新人ガールITIL使って業務プロセス改善します!』は、英国生まれのIT運用ノウハウである「ITIL」を使って購買部の業務プロセス改善を行う手順を、小説仕立てで解説している本です。表紙を見るとコミックなのかなという感じに… 続きを読む »

『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』平野友朗

投稿者: | 2017年4月24日

僕の場合、受信箱には未処理のメールしか置いていない。常に空っぽにするようにしようと、努力している。その努力に反して、実際はメールは次から次へと溜まって行く。メインの仕事に集中していたりすると、メールは容赦無く溜まって行く… 続きを読む »

『自分を劇的に成長させる! PDCAノート』岡村拓朗

投稿者: | 2017年2月2日

このところ、「PDCA」というキーワードが頭の中にあるようで、こういう本を読みたくなってしまいます。既に買っていて、近いうちに読もうと思っている『鬼速PDCA』も買った動機は「PDCA」というキーワードです。 『自分を劇… 続きを読む »

『部下がついてくる、動いてくれる リーダーの教科書』室井俊男

投稿者: | 2017年1月15日

時々立ち寄る本屋さんで見かけて、『部下がついてくる、動いてくれる リーダーの教科書』を買ってみました。新年になって、仕事上の目標をいろいろ考えていたんですが、やっぱり今年は部下の育成を重点課題にしようかなと思っていたとこ… 続きを読む »

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』中島聡

投稿者: | 2016年10月11日

仕事が終わらない人の特徴は、一つは安請け合いしてしまう、二つ目にギリギリまでやらない、三つ目が計画の見積もりをしないということらしい。三つとも結構自分に当てはまっている気がする。特に二つ目と三つ目の特徴は、ぴったりかも知… 続きを読む »

『世界一シンプルなこころの整理法』赤羽雄二

投稿者: | 2016年7月1日

『世界一シンプルなこころの整理法』は、もやもやしている心の中、気になったり、悩んでいたりすることについて、紙に書き出すことによってスッキリ整理してしまうノウハウについて書かれている本だ。 第4章までが基礎編で、第5章から… 続きを読む »

『あなたの1日は27時間になる。―「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法』木村聡子

投稿者: | 2016年6月30日

『あなたの1日は27時間になる。―「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法』は、1日の過ごし方を見直し、仕事の段取りを徹底、仕事環境を整え、仕事のスピードアップをすることにより、自分だけの3時間を捻出するため、4週… 続きを読む »

『全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』デビッド・アレン

投稿者: | 2016年6月26日

この本を読むのは、二度目である。一部分で言うと、もっと繰り返し読んでいるかも知れない。実際この『全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』についても、途中まで読んで放置してしまい、再度初めから読み直した。初め… 続きを読む »

『リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣』ポーラ・リッツオ

投稿者: | 2016年6月21日

『リストマニアになろう! 理想の自分を手に入れる「書きだす」習慣』を本屋さんで見つけた時には、心がときめいた。書き出すことによって夢が実現できるとか、書き出すことによって取り組むことが明確になり、効率が上がるとか、そうい… 続きを読む »

『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』大嶋祥誉

投稿者: | 2016年5月19日

僕が割と良く読むジャンルのノート術の本『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』を読んだ。 以前読んだ『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』に近い本だと思う。『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』… 続きを読む »

『小宮一慶の1分で読む! 「日経新聞」最大活用術 2016年版』小宮一慶

投稿者: | 2016年5月11日

前々から日経新聞の読み方みたいな本を読んでみたいと思っていた。こういう本があるということをたまたま雑誌か何かで知った。本屋さんで手に取ってみたら、なかなか面白そうなので、即買った。『小宮一慶の 1分で読む! 「日経新聞」… 続きを読む »

『400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』佐藤オオキ

投稿者: | 2016年5月4日

『400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』は、三つのパートに分かれている。 一つ目は、「”超”高速で仕事をこなすための基本動作」というパート。個人的には、超高速でなくても高速で良いくらいなのだけど… 続きを読む »

『人前であがらずに話せる方法』鳥谷朝代

投稿者: | 2016年4月15日

『1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法』は、最近読み終えた『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』と共通する内容も多かった。違っているのは、あがり症を克服するというところに重点が置かれ… 続きを読む »

『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』魚住りえ

投稿者: | 2016年4月15日

『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は、本屋さんに並んでいるのを見かけて気になっていた本。話すことがあまり得意ではないので、綺麗な話し方や上手い話し方については、羨ましいと思っている。話し方の基本みたいなことには… 続きを読む »

『図で考えるとすべてまとまる』村井瑞枝

投稿者: | 2016年4月14日

何かを考えることの助けとなるような本を、いつも探しているような気がする。仕事をしていく上で、考える仕事が多いと、フレームワークみたいなものの助けを借りると、うまく行くことが多い。フレームワークに関する本も読んだことがある… 続きを読む »

『超一流の、自分の磨き方』太田龍樹

投稿者: | 2016年3月17日

『超一流の、自分の磨き方』を本屋さんで見かけて、買って読んでみたいと思ったのは、自分の磨き方について書かれていることを実践できたら良いなと思ったからだ。つまり、自分自身を変えて行きたいと、僕は思っていて、この本にそういう… 続きを読む »

『直感に刺さるプレゼンテーション』望月正吾

投稿者: | 2016年3月11日

仕事上プレゼンテーションをすることがたまにある。そんな時に、もっとうまい資料が作れていたらと思うことが多く、自分のプレゼンテーション資料作成の腕前を上げたくて、この『直感に刺さるプレゼンテーション』を買ってみた。 目から… 続きを読む »

『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書』岩崎邦彦

投稿者: | 2016年2月22日

『小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書』を読もうと思ったのは、会社の仕事上の必要性でブランディングを勉強しておきたかったからです。 ブランドというと、いろいろあるけれど、例えば松阪牛というものもブランドです。もし… 続きを読む »

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』藤由達藏

投稿者: | 2015年12月7日

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の内容は、当たり前だと思うが、プロローグの部分(まえがき)に集約されている。 最初にアンドリュー・カーネギーの言葉が紹介されている。「チャンスに出会わない人間は一人もいない。そ… 続きを読む »