ノンフィクション」タグアーカイブ

「黄金のバンタム」を破った男

投稿者: | 2013年3月27日

百田尚樹さんの本は全部読んでみようと思って、内容も確認しないでこの本を買いました。『「黄金のバンタム」を破った男』は小説かと思っていたら、ノンフィクションでした。この文庫本のタイトルだと、ノンフィクションかなと思うのです… 続きを読む »

ある小さなスズメの記録

投稿者: | 2011年9月4日

僕の場合、本屋さんで本を眺めていて、「この本読んでみたいな」と思うのは、タイトルで想像する内容だったり、装丁で想像する内容だったりする。目で見て感じるのだから、本の装丁が一番惹かれる要因かも知れない。本当は内容が一番なの… 続きを読む »

5月に読んだ本

投稿者: | 2011年6月1日

読んだ本の数だけでなく、4月に比べると頁数も増えている。まだまだという気はするものの、ぼちぼちで良いかなと思うこともある。4月が50点くらいなら、5月は80点くらいあげても良いかなと思ったりしている。まずは机の上を片づけ… 続きを読む »

モリー先生との火曜日

投稿者: | 2010年10月21日

人生とは何か、生きることとは、そして死ぬこととは何なのか、読みながらそんなことを考えていた。 『モリー先生との火曜日』は、死を目前にした病床の恩師モリー先生の最後の授業を綴ったノンフィクション。著者が再会した恩師モリー先… 続きを読む »