初めて撮ったオオヨシキリ@小出川

投稿者: | 2018年6月5日

オオヨシキリは、以前遊水池で見かけたことがあるが、写真は撮れなかった野鳥。

スズメ目ヨシキリ科の野鳥。夏鳥で、冬季はアフリカ大陸中部以南やユーラシア大陸南部等で越冬するようだ。日本では夏場に全国的に見られる野鳥。

鳴き声に特徴があって、「ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ」または「ケケス ケケス カイカイシ」と言う鳴き声である。この声は夏場に時々耳にしていたものの、なかなか声の主を見つけられなかった。

6月4日(月)の朝の散歩で、声を聞いてその方向を見ると、草の中に鳥を見つけた。

カメラを向けても、川岸からかなり離れていたので、逃げることは無かった。ゆっくりと写真を撮った。

その次の朝も同じような場所で鳴いているのを見つけ、写真を撮った。

夏場に日本で繁殖するらしいから、どうやら同じ場所でしばらく見られそうな気がする。

結構大きな鳴き声だし、とても綺麗な声だとは言えないような、鳴き声だから、一度覚えるとあれはオオヨシキリだと分かる。

コヨシキリと言う仲間も居るようだけど、鳴き声がかなり違っている。可愛い鳴き声で、スズメよりも小さな鳥のようだ。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.