『やめるときも、すこやかなるときも』窪美澄

投稿者: | 2018年2月22日

窪美澄さんの小説は、結構読んでいる。好みの作家の一人と言って良い。

やめるときも、すこやかなるときも』は、これまで読んだ窪美澄作品の中でも、読むのに一番時間がかかった気がする。本の厚さはそれほどでもなくても、1ページ当たりの文字数が多いのだろうか。心理描写が多く、文字が詰まっているせいだろうか。それとも、ストーリーの進行が、ゆったりとしているからだろうか。読んでいる僕自身の精神的な状態によるものだろうか。原因は良く分からないが、時間がかかったことは事実である。それでいて、決して途中で読むのを止めようとは思わなかった。むしろ面白いから、先を知りたかった。

過去のトラウマにより、毎年年に一度ある時期が来ると、声が出なくなる家具職人の男性と、恋愛とは縁遠く、経済的に両親の生活を支えている女性が主人公である。ざっくりと説明すると、二人の出会いとその行方を描いた小説と言うことになる。

それぞれの側の視点で見た描写を、交互に織り交ぜ、時にはそれぞれの過去をフラッシュバックのような形で書いているという形式の小説だ。ストーリーの進行は、静かで、ゆったりとしたもので、大きな波が無く淡々と流れて行く。そういう面では、退屈に思えるかも知れないが、それぞれの過去に何があったんだろう、この先どうなるのだろう、という興味は、継続されるから、先が読みたくなる。

ちょっと不思議な感覚の小説だったが、また別な窪美澄作品を読みたくなった。出版された時に買いそびれて、既に文庫本になっている本を思い付いて、すぐに2冊買い足した。
(16冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.