『「すぐやる人」のノート術』塚本亮

投稿者: | 2018年1月31日

「すぐやる人」のノート術』は、先延ばしの原因を解決するという視点から書かれているノート術の本。

先延ばしの原因は、次の4つ。やることを把握できていない、思考が整理されていない、モヤモヤして気乗りしない、すべきことに追われているだけ。何だか耳が痛くなりそうな、全て自分に該当すると思ってしまう原因が列挙されている。

ノート術という手段で、この4つの原因を潰すのが、この本の主旨だ。ノートの種類は、全部で5つある。タスクを洗い出すタスコンノートや振り返りのためのリフレクションノート、会議を有効にするためのトリニティノート、心を軽くして行動的になるためのクレンジングノート、行動したくなるきっかけを作るトリガーノートの5つのノートだ。

市販のノートや紙を何分割かして、書き込んで行く形式のノート術が多い。僕の場合はそういう使い方が苦手だったりする。ノート術のそれぞれの意味は、同感できるものだし、真似してみたいと思うものだ。

案外形に拘りがちな僕なので、形は考えてみたい。それと、それぞれの役割に応じてノートを割り当てると、5冊のノートを併用することになる。これも少々ひっかかる。全てを取り入れるかどうかについても、考えてみたいと思っているから、ある程度ノートをまとめることも考えたい。

今月は最低10冊は本を読もうと思っていたので、この本で無事目標達成と言うことになる。
(10冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.