『にょっ記』穂村弘

投稿者: | 2017年12月31日

穂村弘さんのエッセイを初めて読む。『にょっ記』は、ずっと気になっていた本だ。

エッセイと言うよりも日記と言う感じ。こんな日記が書ける日々だと、とても楽しい。ユーモアあるエッセイと一言で言えない、奥深いものも中にはあった。鋭い視点と、ちょっとかわされるような表現が、この作品の魅力だと思う。

大笑いするようなユーモアではなく、思わずニヤリとしてしまうような、クスッと漏らしてしまうような笑いだ。僕の毎日の日記にも、こんな視点が加わると、とても良い感じがしてしまう。

解説は偽にょっ記と言う意味で、「偽ょっ記」と題されていて、同じトーンで書かれている。これもまた面白い趣向だと思う。他にこのような本は見当たらない。そういう意味で、良い本に出会ったと思う。当然、続編の『にょにょっ記』も購入済みだ。
(79冊目/2017年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.