月別アーカイブ: 2017年12月

『にょっ記』穂村弘

投稿者: | 2017年12月31日

穂村弘さんのエッセイを初めて読む。『にょっ記』は、ずっと気になっていた本だ。 エッセイと言うよりも日記と言う感じ。こんな日記が書ける日々だと、とても楽しい。ユーモアあるエッセイと一言で言えない、奥深いものも中にはあった。… 続きを読む »

『戦略読書』三谷宏治

投稿者: | 2017年12月30日

『戦略読書』は、ずっと積読本になっていました。多分丸2年くらい経っています。出版日からしても、それくらい経っています。なぜそうなったかと言うと、この本が結構大きく分厚い本だったことが大きな理由です。通勤で持ち歩くのに躊躇… 続きを読む »

『仕事が速くなる!PDCA手帳術』谷口和信

投稿者: | 2017年12月13日

『仕事が速くなる! PDCA手帳術』を買ったのは、PDCAに特化した手帳術だと思ったからだった。確かにPDCAの要素に触れる部分は少しあるが、普通の手帳術の本と言っても良い内容だと思う。一般的な手帳術なので、斬新さは無い… 続きを読む »

『その日東京駅五時二十五分発』西川美和

投稿者: | 2017年12月11日

『その日東京駅五時二十五分発』で西川美和さん作品を読んだのは、二作目だと思う。 130ページくらいで、活字もやや大きく、中編小説くらいの位置づけだろうか。著者の伯父様の体験をもとにした物語。 通信兵の主人公は、終戦の朝に… 続きを読む »

『「人の上に立つ」ために本当に大切なこと』ジョン・C・マクスウェル

投稿者: | 2017年12月8日

『「人の上に立つ」ために本当に大切なこと』を買ったのは、リーダーとしてどのように行動したら良いか、迷いが生じた気がしたからだ。或いは自分の部下に教えるべきことは何だろうかという問いかけを、自分自身にしていたからだと思う。… 続きを読む »

『蜜蜂と遠雷』恩田陸

投稿者: | 2017年12月3日

恩田陸作品は、この『蜜蜂と遠雷』で読むのは二作目。ずっと前から知っている作家さんだけど、それほど沢山は読んでいない。本屋大賞と直木賞受賞ということで、この本を読みたくなって、買っておいた。 読みたいけど、なかなか読み始め… 続きを読む »