2018年の手帳5冊をまずは購入

投稿者: | 2017年9月18日

土曜日にルミネカード10%オフの特典を使って、橫浜ルミネの有隣堂で買って来た手帳です。

左端は、「ツバメノート 手帳 2018年 11月始まり A5 プレミアム」(1,500円+税)です。年間ダイアリーと月間ダイアリー(2017年11月〜2019年1月)ページが最初にあり、その後ろは横罫のノートページが、128ページあります。これを2018年の読書ノートにしたいと思っています。

中央は、「モレスキン 限定版 ピーナッツ 2018年 デイリーダイアリー」(4,300円+税)です。今年同じピーナッツの限定版を日記帳として使っているのですが、挫折しないで継続できているので、来年も同じものを使うつもりです。

右端は、「ジブン手帳 Biz mini」(3,000円+税)です。ちなみにAmazonだと11%オフなので、Amazonの方がお得だったかも知れません。10%オフだったので、あまり変わらないですが。2013年にジブン手帳を使ってみようとしたのですが、バーチカルの部分の色使いがあまり好きじゃ無かったのと、決まった形式のページが多くて、使い切れなかったことがあります。Bizが出た時に再度チャレンジしようかなと思ったのですが、苦い記憶が邪魔しました。来年は敢えて使ってみたいと思っています。

こちらは、1冊ずつAmazonで購入したものです。

左が、「アピカ プレミアムCDノート 2018年 11月始まり A5 横罫」(2,138円税込)です。当初はこちらの方を読書ノートとして使おうと思っていました。年間スケジュールと月間ダイアリーページは、ツバメノートとほとんど同じ形式です。その後ろの横罫ページは、160ページあるので、ツバメノートよりもページ数が多いです。

今のところ、モーニング・ページとして使おうかなと思っています。月間ダイアリーページを目次みたいな使い方にしてみようかと思っています。その日に書いたことのキーワードを記録しておこうかと思っています。160ページでは、1年間持たないのですが、続きはダイアリーではなく「アピカ プレミアムCDノート 横罫 A5」を使います。

右は、「ミドリ ダブルスケジュール 2018年 10月始まり マンスリー A5 進行」(1500円+税)です。去年まで「アートプリントジャパン 2018年 10月始まり手帳 ガントチャートダイアリー」を使おうとしていたのですが、何故か使いこなせず終いでした。どちらも、月間ブロックページとガントチャートページがあるのですが、ミドリ製の方は月間ブロックとガントチャートが交互にあり、ガントチャートダイアリーの方は、月間ブロックが前半にまとまっていて、後半がガントチャートになっているところが、大きな違いでしょうか。仕事のプロジェクト管理に使おうと思っています。

今のところは、5つの手帳を買い揃えたところです。他にも買って、実際に使ってみようと思っているものもあります。また、先日から使い始めたフランクリンプランナーがスケジュール管理とタスク管理のメインの手帳だったりします。

これまで、手帳に関する記事を書いたりしていましたが、使いこなせなかったので、実際の使用感まで踏み込んだ記事が書けませんでした。新しい年は、使い方に踏み込んだ記事を書いてみたいと思っています。また、自分に合った手帳探しのために、敢えて複数の手帳を使ってみることもやってみたいと思っています。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.