2017年6月に読んだ本

投稿者: | 2017年7月1日

なぜか最近は通勤の往復で本が読めません。往路で読めても、復路では読めなかったり、読んでいても集中力を欠いて、すぐに眠くなってしまったりします。

土日はほとんど本を読む時間を作っていなかったりします。そういうわけで、このところ読書量は以前の半分以下になっている気がします。去年頃から、読書量ではなく質を上げようと考え始めた頃から、毎月読む冊数は減ってしまった気がします。

6月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1409
ナイス数:182

四月になれば彼女は四月になれば彼女は感想
大学時代に付き合っていた藤代俊と伊予田春は、ある事件をきっかけに別れてしまいます。藤代俊は坂本弥生と婚約をしていたのですが、4月に伊予田春から突然手紙が届きます。ボリビアのウユニという街から届きます。伊予田春と付き合っていた頃の話と、坂本弥生との現在が並行して進んで行きます。過去と現在の恋愛に翻弄される主人公を描く恋愛小説です。このタイトルはどこかで聞いたことがあると思ったら、サイモン&ガーファンクルの曲名でした。
読了日:06月30日 著者:川村 元気
ミスが減る! 信頼される! 仕事の準備の本ミスが減る! 信頼される! 仕事の準備の本感想
仕事の準備をすることで、効率がアップし、ミスが減るということは、当たり前のことだけど、忘れがちなこと。生産性を上げるため、時間を無駄にしないため、ミスをしないため、心の余裕のため、人とうまくつきあうための仕事の準備に関するヒントが書かれている。初心忘るべからずと、改めて感じる本だ。
読了日:06月22日 著者:鈴木 真理子
恋愛仮免中 (文春文庫)恋愛仮免中 (文春文庫)感想
奥田英朗、窪美澄、荻原浩、原田マハ、中江有里、5人の作家の恋愛をテーマとしたアンソロジー。中江有里さんを除く4人の作家さんの作品はいろいろ読んでいる。特に奥田英朗、荻原浩については新刊が出る度に買って読んでいるくらい。好きな作家のアンソロジーだから、買って読んでみた。やはり奥田英朗「あなたが大好き」も、荻原浩「アポロ11号はまだ空を飛んでいるか」も良かった。原田マハ「ドライビング・ミス・アンジー」も面白かった。他の作家の短編も、それぞれにそれぞれの味があったと思う。
読了日:06月16日 著者:奥田 英朗,窪 美澄,荻原 浩,原田 マハ,中江 有里
奇跡を起こすたった1ページのノート術奇跡を起こすたった1ページのノート術感想
用途に応じたノートの書き方について、沢山のヒントが見つかる本。A4なのか、B5なのか、方眼かプレーンか。頭をスッキリできる、アイデアを創出できる、結果を出す、人生を変えるなどのノート術が紹介されている。特に人生を変えるノートは、タイトルと相まって、とても興味をそそる内容だった。楽しく1日で読み切ることができる本。
読了日:06月12日 著者:
iPhone手帳術 (エイムック 3718)iPhone手帳術 (エイムック 3718)感想
紙の手帳よりもiPhoneを手帳にすると便利な理由は、7つあげられている。シャツのポケットに入るコンパクトサイズであることや同じデータを参照・編集するからアプリを切り替えることによって便利な使い方ができること、入力方法が多彩、アラーム機能がある、デジタルデータなので嵩張らないこと、クラウド連携でPCからもタブレットからも同じデータを参照・編集できること、最後にAppleWatchなどの外部ツールとの連携もできることである。そんなメリットのあるiPhoneを手帳以上に使いこなすヒント満載の本。
読了日:06月09日 著者:
トップ1%に上り詰める人が大切にしている 一生使える「仕事の基本」トップ1%に上り詰める人が大切にしている 一生使える「仕事の基本」感想
仕事の姿勢、進め方、チャンスをものにするための基本、自分への投資、先の読み方、時間の作り方などの「仕事の基本」が書かれている。入社5年目の営業社員鰺坂俊太を主人公とする物語仕立てなので、臨場感があり、とてもわかりやすい本だった。物語の進行に従って、著者の解説が入る形式。漫画でやさしく解説したビジネス本は良くあるけれど、その漫画が小説になっている感じの本でした。
読了日:06月01日 著者:鳥原隆志
読書メーター


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.