小田原城あじさい花菖蒲祭2017

投稿者: | 2017年6月10日

小田原駅方面から小田原城址公園の正面入口方面へ歩くと、先にこの学橋が架かっている。

綺麗な橋で、お堀をさっさと渡ってしまいたくなり、この辺りから入るのは初めてではないけれど、いつもこの橋を渡ってしまう。実は正面入口はもっと南寄りにある。

去年も小田原城のあじさいを見に来たが、写真を確認してみると、5月28日だった。そう言えば、去年はあじさいが結構早く咲き始めていた記憶がある。1週間から2週間くらい花期が早かった気がする。去年の写真の方が、あじさいは沢山咲いていた気がする。

小田原城あじさい花菖蒲祭は、今年は6月3日(土)から6月18日(日)までなので、去年出掛けた時は、祭はまだ始まっていなかった筈だ。

花菖蒲もそこそこ咲いている。遠くに見えるテントのようなところでは、出店が出ていて、小田原おでんとか、お菓子などが販売されていた。人出はそれほど多くない気がする。

梅雨に入っても雨が降らない日が続いているせいか、あじさいの花は花びらが萎れた感じになっていて、あまり元気が無かった。来週も大した雨は降らないようだから、祭の期間中は元気の無いあじさいのままだろうか。

やっぱり、あじさいは雨が降った方が綺麗に見える。雨降りの日に散策する気にはならないかも知れないけれど、あじさいの花びらに水滴があった方が、雰囲気が良い。

ブルーのあじさいは、比較的多く花が咲いていた気がする。この丘の上に広場があり、天守閣があるのだけど、斜面に植えられたあじさいは、まだまだこれから開花するような感じだった。一昨年だったか、初めて小田原城あじさい花菖蒲祭に来たのだけれど、その時は沢山割いていて、丘の斜面はとても綺麗だった気がする。

花菖蒲園には水がほとんど無かったし、やっぱり梅雨は雨が降った方が良さそうだ。去年の写真には、確かに水が写っている。花菖蒲の葉っぱも青々としていた。今年ほど疎らな感じがしない。

小田原城址公園の北側には、真っ白なあじさいが沢山咲いていた。花の大きさもあって、なかなか見応えがあった。アナベルという品種だ。

本来なら本丸まで歩く予定だったが、結構疲れていたので、そのまま北側から小田原駅を目指すことにした。うな重の腹ごなしには、十分な散策だった。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.