遊歩道のサンシュユ

いつもの散歩道とは反対の、西側の遊歩道まで行ってみました。この遊歩道は、農業用水路に沿って整備されてもので、長さはそれほどでもありません。街路樹としてハナミズキや枝垂れ桜、ボケなどが植えられていて、四季折々の花が見られます。野鳥にも時々会える遊歩道なので、割とこちらにも来るのですが、このところここを歩いていませんでした。

黄色い花が目に付きました。サンシュユです。梅の花と同じ時期に咲く花です。何の仲間か調べてみたら、ミズキ目ミズキ科の木でした。と言うことはハナミズキとは親戚なんでしょう。ハナミズキの木と並んで沢山植えられています。

この花が咲くと、ワクワクしてしまいます。これからだんだん春の花の季節になって来る証だからです。鎌倉にもこの花が咲くお寺はありますが、この遊歩道の方が数は多いと思います。そろそろ鎌倉の花を訪ねて、いろんなお寺を回りたくなるような季節が、近づいています。

風は少し冷たかったけど、真冬の気温では無くなってきました。春はもうそこまで、やって来ています。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.