年の瀬の野鳥散歩

昨日の朝の方が寒かった気がします。でも、朝のうちは雲が出ていて、富士山は隠れていました。

大晦日の今日は、ご覧のとおりの冬晴れの良いお天気になりました。7時頃に散歩に出掛けたのですが、昨日よりも寒さは緩んでいた気がします。昨日と同じで霜は降りていたし、水溜まりに氷が張っていましたけど。

小出川沿いを歩いていて、モズかなと思う鳥に出会いました。

近くに止まったのですが、カメラを向けると対岸へ飛んで行ってしまいました。何とかズームをいっぱいに上げて、写真が撮れました。デジタルズームになってしまったので、大きな写真だと粗くなってしまいましたが、モズとわかる写真が撮れました。

小出川の川岸には枯れた草があって、その中に止まっている野鳥も沢山居ます。枯れ草の奥に入られてしまうと、枯れ草にピンとが合ってしまって、なかなか写真は撮れません。

ラッキーなことに枯れ草の手前に止まった野鳥がいたので、写真を撮ることができました。帰って来て確認したら、どうやらホオジロの雌のようです。

寒川町に入り、田んぼの中の道を歩いて来ました。時々野鳥に出会うことができます。

電線に止まっているものとか、木の上に止まっている野鳥が狙い目です。今日は、ツグミの写真が撮れました。地面に居る時よりも、安心しているのか、カメラを向けても逃げませんでした。

割と近い川岸でオオバンを見つけました。

青々としている雑草の葉っぱを食べていました。食べているので、カメラを向けても逃げなかったのか、割と鮮明な写真を撮ることができました。二羽が草を夢中で食べていました。

水鳥は比較的写真を撮りやすい鳥です。小出川で見られるカモの仲間では、マガモやカルガモ、コガモ、それからこのヒドリガモが良く見られます。

こちらは昨日の朝撮った写真です。

遊水池で久しぶりにコチドリを見つけました。遊水池で十数羽から二十羽くらい見られるタシギも居ましたが、カメラを向けると逃げられ、雑草の陰に隠れてしまったので、写真は撮れませんでした。

小出川の支流の駒寄川で、アオサギを見つけました。大きな鳥なのですが、この鳥もすぐに逃げだします。

この時は丁度小魚を捕まえて食べていた時だったので、逃げられずに済んだようです。

平日だと会社があるので、まだ真っ暗な時間帯に愛犬と散歩に出掛けます。だから冬場の平日は野鳥の写真は撮れません。休日だけの楽しみになっています。だいたいどんな鳥がどの辺りで見られるのかがわかっていますが、滅多に写真を撮れない鳥に出会えて、うまく写真が撮れると、嬉しくなります。

僕が写真を撮っていると、愛犬ふぅちゃんは、お座りをしてじっと待ってくれます。最初は愛犬との散歩を何となく楽しんでいたのですが、最近の休日は野鳥を探して歩くようになってきました。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.