『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』中島聡

投稿者: | 2016年10月11日

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』中島聡

仕事が終わらない人の特徴は、一つは安請け合いしてしまう、二つ目にギリギリまでやらない、三つ目が計画の見積もりをしないということらしい。三つとも結構自分に当てはまっている気がする。特に二つ目と三つ目の特徴は、ぴったりかも知れない。

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』の時間術は、こういうものだ。例えば上司からこの仕事を10日間でやってほしいと言われた時に、次のような行動を取る。まずは、スケジュールを割り出すために2日の準備期間をもらう。次にその2日でその仕事をほぼ完成までに持って行こうとする。そして、もしもその2日でほぼ完成まで持って行けなかった仕事は、「危機的な状態」と認識して、スケジュールの見直しを交渉する。2日でほぼ完成しているのに、残りの8日では何をするのかというと、完成度を高めるために使うということのようだ。

「ロケットスタート時間術」と著者が命名しているが、確かに最初の2割の時間でほぼ完成まで持って行こうとするのは、ロケットスタートと言える。早い段階で着手して、早い段階でほぼ完成まで持って行くという仕事のやり方は、確かにギリギリまで温めていて、終盤になって慌ててやる仕事術よりも、質が良さそうな気がするし、仕事は終わろうとしているのだから、期限までに終わらせることができそうだ。

個人的には、一つには早めに着手して仕事を進めながら、どれくらいの期間で終わるかスケジュールを固めるということが良い気がする。着手してみなければ、その仕事がどれくらいの時間をかければ終わるかということを掴みにくい。僕が良く失敗するのは、着手しないで、感覚的に仕事にかかる時間を判断するところだ。そして計画を立てようとするのだが、計画を立てようとするうちに時間が経ってしまって、気が付いた時にはギリギリになってしまうことが多い。この裏返しの行動をすれば、確かに仕事は期限内に終わるだろう。

参考になった部分を近いうちに箇条書きで抜き出して、自分の仕事の進め方の参考としたい本だった。
(84冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.