『400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』佐藤オオキ

『400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』佐藤オオキ

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』は、三つのパートに分かれている。

一つ目は、「”超”高速で仕事をこなすための基本動作」というパート。個人的には、超高速でなくても高速で良いくらいなのだけど、スピードアップのノウハウが紹介されているパートだ。このパートがこの本を買って読もうと思った動機と直結するパートだ。

二つ目は、「400のプロジェクトを”超”高速に進める手法」というパートだけど、僕の置かれた環境とはあまり合致しないため、実践してみたいと思う手法は、見当たらなかった。個人的には、せいぜい10くらいのプロジェクトを進められたら、それで良いからだ。著者のポジションと僕のポジションが異なっていることも、このパートにあまり興味を感じなかった理由のひとつだ。

最後が、「ビジネスを加速する投資&チームづくり」というパート。二つ目のパートも同様だけど、書かれていることにあまり異論は無くて、確かにそうだろうと思われれることが書かれていた。投資やチームづくりの重要性については、異論はないところだ。僕が今そういうノウハウをあまり必要としていないことで、実践したいと思う部分はあまり無かった。

印象に残っているのは、やはり最初のパートで、やりたいと思う仕事を優先してやるということだった。確かに自分がやりたいと思う仕事を優先すれば、効率は上がるだろう。時間がかかるのは、気が向かないけれど、やらなければならない仕事なのだから。単純なことかも知れないけれど、そういう意識も必要だろうと思った。

もうひとつあげるとすると、やりかけた仕事は完結させるということ。中途半端な状態にしてしまうと、その仕事に気が取られてしまう。並行していくつものプロジェクトを進めて行く秘訣は、ひとつのプロジェクトに集中することだ。区切りが付くところで、別のプロジェクトに取り掛かる。ひとつのプロジェクトを引っ張りながら、並行して次のプロジェクトに手を付けるのではなく、区切りが付いた段階でそのプロジェクトを忘れるようにすることだ。この考えは、大いに同感できるものだったし、是非実践してみたいと思う。
(52冊目/2016年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.